※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

聖 百蓮(ひじり びゃくれん)
幻想の系譜に登場するキャラクター。

   概要      
命蓮寺の建立者であり人間と妖怪の共存の理想を示す僧侶であり、魔法使い。
明治16年、幻想郷がまだ外の世界と隔離されていなかった頃、人間と妖怪が手を取り合う平等を唱えていたが人間達から冷遇される村紗たちが対立してしまい野良妖怪達が押し寄せ寺を守るために迎え討つ。
そして命蓮寺にやってきた八雲紫と共闘し、人間と妖怪が共闘しあう姿に感銘を受けて紫たちの仲間に加わる。

本編でのユニットとしての設定
二つ名「妖怪寺の魔住職」
『1.05』『1.11d』
LV「1」  「3」
HP「17」 「19」
力「0」  「1」
魔力「4」 「4」
技「5」  「6」
速さ「2」 「2」
幸運「2」 「2」
守備「1」 「2」
魔防「7」 「9」
MV(移動力)「5」
武器LV「札C.魔E」
スキル「精神結果、回復」
所持アイテム「術式弾、回復札、傷薬」

クラスチェンジ後↓
二つ名「伝説の聖尼公」
クラスチェンジボーナス↓
HP「+3」
力「+1」
魔力「+5」
技「+4」
速さ「+2」
幸運「--」
守備「+1」
魔防「+4」
MV(移動力)「+1」
使用可能武器「速E」
追加スキル「治療」

ユニットとしての性能、育成計画
序盤での貴重な回復役として重宝し、星蓮船メンバーを仲間にする役割もあり札で回復させまくって巫女共々に早めにレベルアップさせておきたい。
また初期レベルが低いのでレベルアップ機会が多い。
成長率は魔法使いらしく魔力や魔防が良く上がり、技や速さも伸びる。
しかし防御や幸運は伸び悩み防御面では不安があり、相手からの必殺も受けやすいのでクラスチェンジ前で攻撃役にする際には注意!!

百蓮さんをメインで出すなら耐久面の強化が必須であり、転生の宝玉で再育成するとかなり強いユニットへと化けてくれます。
お札があるから敵を倒さなくてもレベルアップできるので安心して再育成ができる。