※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オグマ
『ファイアーエムブレム暗黒竜と光の剣』『ファイアーエムブレム 紋章の謎』
およびリメイク作『ファイアーエムブレム 新・暗黒竜と光の剣』『ファイアーエムブレム 新・紋章の謎』に登場する騎士。
クラスは「傭兵」

声優は以下の通り↓
檜山修之(電撃)
若本規夫(箱田)
小杉十郎太(ラジオ、OVA)

    概要     
容姿は金髪オールバックのガタイのいい体格をしている男性。
右眉尻に一文字傷、左頬には大きな頬の十字傷がトレードマーク。
服装はFC版では革製の鎧、SFC版では肩甲にトゲのついた青い甲冑を装着している。
初登場時から人気が高かったためか、リメイクによって容姿が大幅に変更されたキャラクターもいる中で、暗黒竜でのイメージイラストからほとんど変更を加えられていないキャラ。
DSのリメイク版では剣闘士出身らしく露出の多い軽装の鎧に戻った。

後のシリーズ作品で恒例となるオグマ系の初代である。
ちなみにオグマ系とはオグマに似たテンプレ的なキャラの事。
シリーズを通して登場するやや渋みを持たせた頼れる兄貴的なイメージの歩兵剣士系キャラの一群。
性能は同じ剣士系であるナバール系よりも速さ、技が僅かに劣るが「力、守備、体格等では逆に僅かに上回り、全体的にバランスのよい成長をすることが多い強力な歩兵剣士系。

マルスへの援軍として派遣されたタリス軍の隊長を務める傭兵。
他の者に対してもあまり感情を表に出すことは無く、口数は多くないが、義理堅い人物であり、部下やかつての舎弟であるサムトー達からも絶大な信頼を寄せられている。
生まれはペラティ島と言われており、父はアカネイアの下級貴族で、母はグルニア出身。
篠崎砂美の小説版では正式名が「オグマ・スビル」である。

元々は大陸ナンバーワンの剣闘士であり、かつてはノルダの奴隷剣士だったが仲間のたちを助けるため反乱を起こし、捕まり処刑されかかったところをシーダに助けられて、以後彼女に絶対的な忠誠を誓っている。
また「ファイアーエムブレム・ザ・コンプリート」の水縞とおるの漫画『紅の剣士』ではすでに過去にナバールとの面識がある。

自身の背丈ほどもある分厚く幅広な刃の大剣を軽々振り回しその実力は相当なものであり、メディアミックス作品においてはいずれもナバールと並ぶマルス側屈指の猛者として描写される。
また佐野&わたなべ版と箱田版では共通してマルスの剣術の師匠を買って出ている。

暗黒戦争編(暗黒竜と光の剣)
第2章よりタリス王国からの援軍として、配下の「サジ、マジ、バーツ」と供にマルスたちの軍に加わる。
ユニットとしては「技、速さ」を中心とした高めの初期値に加え安定した成長率を持ち、常にエースユニットとして戦っていける強力なキャラ。
しかし、オグマばかり育てていると他のユニットが育ってない、なんてことも起こりうるので注意。

暗黒戦争後のエンディング後日談では暗黒戦争後は、タリス島のに戻り人々のために働いていた。

英雄戦争編(紋章の謎)
タリス王の命で王の旧友のロレンスのもとを訪れ、グルニア王の遺児であるユミナとユベロを匿って行動している。
二人がラング将軍に連れ去られた後も一人で城を襲撃しユミナ、ユベロを取り戻した。
その後ホルム海岸にて悪名高い海賊(マケドニア・バイキング)に襲われて窮地に陥っていたところを、謎の仮面騎士シリウスに助けられ窮地を乗り切る。
そしてホルム海岸へと進軍してきたマルス軍と合流し、そのままアリティア同盟軍に参戦する。

ゲーム中においてサムトーをナバールと勘違いした際のセリフからナバールをややライバルとして意識している様子がうかがえる。
オグマでサムトーに話し掛けると奴隷剣士時代だった頃の話が聞けシーダに淡い感情を抱いているようだが、決してそれを外部に出すことはなくシーダを思いマルスとの恋を応援している。

ユニットとしては今回も技、速さを中心とした高めの初期値に加え安定した成長率を持ち魔防以外のステータスがほぼカンストまで育ち、星のオーブやカケラ等を持たせれば更に強くなり、バルゴやピスケスのかけらを持たせれば魔防もアップさせれる。
更にはシーダから支援効果まで受けるため最強キャラの筆頭として挙げられる。

新・紋章の謎の前日編ではオグマルートに進むと教官として登場する(ドーガと二択)
高難易度では能力の高さからオグマルートが選ばれることが多い。
前日編エピローグ後に「グルニアに用がある」と言いメンバーから離脱する。

またマイユニットとの支援会話では幼少の頃からずっと奴隷剣士として戦ってきた経験から、通常の戦闘では取得できない剣技を覚えたがオグマはその剣技を汚い戦い方と忌み嫌っている。

新・紋章の謎の追加コンテンツマップの「剣に定められた者は剣に」ではメインキャラを務める。
タリスで起こった辺境部族の反乱の鎮圧とそれに巻き込まれたシーダの救出に向かい、そこで反乱軍に雇われたナバールと対峙し「自分と同じく本質はただ剣を振るだけの人物で、大儀は自分を取り繕う建前に過ぎない」と指摘されて決闘を挑まれる。
エピローグでは、奴隷時代は社会の全てを怨んでそれを力に剣を振るい続けるだけという、ナバールの指摘するどおり人物だったとシーダに打ち明けており、彼女との出会いは奴隷からの開放だけではなく、戦いや生きるための目的や大儀そのものを得たということを明かしている。
またナバールから明確にライバル視されているということが判明し、新たな支援効果の対象としてナバールを支援できるだけでなく、彼から支援を受けることもできるようになった。

英雄戦争後のエンディング後日談ではシーダやマルスに何も告げず姿を消す。

ファイアーエムブレム覚醒
英雄戦争から2000年後「古の英雄王」として名前のみ(後に配信専用キャラとして本人達を模した幻影が登場する)
配信チーム「暗黒竜と光の剣」やDLCマップで登場する。