※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カシム
『ファイアーエムブレム暗黒竜と光の剣』『ファイアーエムブレム 紋章の謎』
およびリメイク作『ファイアーエムブレム 新・暗黒竜と光の剣』『ファイアーエムブレム 新・紋章の謎』に登場する弓兵。
クラスは「ハンター」

    概要     
タリスのハンター。
性別は男性。
実家はかなり貧しく、母の病気を治すため、義賊のリカード(自称)と意気投合し陥落後のアカネイアパレスから財宝を盗み出す手伝いをした後、ガルダの海賊に雇われる。
シーダの説得(お金を少しもらった)にアリティア軍に寝返った。

新・暗黒竜でリメイクされた際にデザインが大きく変更されており細目&垂れ目の顔立ちとなり、性格の気弱さが強調されている。
性格もリメイク版(英雄戦争編)では大きく変更され元々は家族思いの真面目な青年という設定はそのまま引き継がれているが第二部のエンディングで表示される通称も「タリスのサギ師」となっている。
一部や二部でのシーダやマルスとの会話で金を求める口実もおそらく詐欺なのであろうと思われる。

ちなみに詐欺師としてのテクニックは『アカネイア戦記』にてリカードから盗んだものである。
裏稼業をはじめたのも、気弱が転じて卑屈になったという面をうかがわせている。
ちなみに戦死時のセリフや新・紋章の謎でのエピローグにおける各キャラクターの生存セリフなどでも全て母に対するものである。

余談だが箱田版ではオグマ曰くカシムの母は病気知らずの健康体で、指摘されていた。

暗黒戦争編(暗黒竜と光の剣)
2章で登場し、シーダで話すと母親の病気を治す為のお金をもらい仲間になる。
ただし敵側にいるのでシーダで話す際は攻撃範囲に注意!!

ユニット性能としては成長率はけっこう優秀で、特に力の成長率が高く設定されている。
しかし暗黒竜ではクラスチェンジできず、紋章の謎ではホースメンにクラスチェンジできるようになったが、屋内戦では馬から下りなければならなくなり能力値が下がってしまい、同じ弓兵のゴードンよりも能力がやや見劣りするかもしれない。
リメイク版の新・暗黒竜では下馬しなくて済む。

暗黒戦争後のエンディング後日談では暗黒戦争後はタリスに戻り母親と暮らすも、相変わらず生活は苦しいままだった。

英雄戦争編(紋章の謎)
第2部ではまだ母の病気が治っていないらしく、4章の村でマルスに会うが軽くあしらわれ母親の病気を治す金をせびり、それを口実に仲間になる。
ただしこの時点では高価な武器である「キラーボウ」を所持しており、本当にお金に困っているかは不明である。
DSリメイク版では下馬せずに戦えるようになっている。

新・紋章のみんなの様子でも母が病気ですの詐欺セリフの練習をしたり、マイユニットとの支援会話ではマイユニットを騙しお金をもらおうとしていた(ちなみにジェイガンからもお金をもらっていた模様)

英雄戦争後のエンディング後日談では、アカネイア自由騎士団に一時参加し、貯金もだいぶできたらしく再びタリスに戻り母と暮らす。