※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

レナ
『ファイアーエムブレム暗黒竜と光の剣』『ファイアーエムブレム 紋章の謎』
およびリメイク作『ファイアーエムブレム 新・暗黒竜と光の剣』『ファイアーエムブレム 新・紋章の謎』に登場する聖職者。
クラスは暗黒竜では「そうりょ」
リメイク版の暗黒竜では「シスター」
紋章第2部では「司祭」

声優は以下の通り↓
永島由子(電撃)
岡村明美(箱田)
氷上恭子(ラジオ)
根谷美智子(OVA)

    概要     
マケドニア貴族のシスター。
性別は女性。
清楚かつ控えめだが芯は強い。
幼時期をグルニアで過ごしているために黒騎士カミュと面識があり、彼に影響を受けたためかマケドニア国王ミシェイルの求婚を断わるなど、はっきりとした意思を見せたこともある(新・暗黒竜ではミシェイルからの求婚の件が無くなっているのでこの設定が生きているのか不明)

暗黒竜では諸国を回っていたところサムシアンに捕らえられていたが、ジュリアンに助けられ彼と共にマルス軍に参加した。
暗黒戦争編では序盤の貴重な回復要員であり、兄マチスの説得役や専用アイテムハマーンの杖と彼女にしか出来ない重要な役割も多い。

ジュリアンとは相思相愛の関係であり、英雄戦争編では紋章二部ではマケドニアに滞在していたが何者かに攫われ、終章の竜の祭壇でジュリアンが話し掛け正気を取り戻す。
レナを「さん」づけで呼んだジュリアンに対し「レナ」と呼び捨てにしてと言っているように言い積極的な態度も見せる事がある。

SFC版の紋章の謎においてハマーンの杖を使って経験値を荒稼ぎする方法(通称、ハマーンバグ)
武器の修復を行う直前にキャンセルすることによって、杖の使用回数を減らさずなおかつ大量の経験値が入るため攻略を楽にしたい人がよく使う。
ハマーンの杖はレナとマリーシアしか使えないので、この技は必然的に彼女ら専用となっており、全能力値の成長率に+30%の補正効果のある『星のオーブ』を持たせると効率よく成長できるため、ハマーン入手まで一切レナを育てず進むと更なる良成長が期待できる。

暗黒戦争編(暗黒竜と光の剣)
ガルダからデビルマウンテン越えを目指すも、山に巣食う山賊、サムシアンに捕らえられてしまう。
しかしサムシアンの一員であったジュリアンの手引きにより彼と共に脱走し、デビルマウンテンを行軍中のアリティア騎士団に助けを求め以後、ジュリアンと共にアリティア同盟軍に参加する。

ユニットとしての性能は幸運、技がよく伸びるが、他の成長率自体は伸び悩み特にHPと防御はほとんど伸びない。
しかし杖の初期武器レベルに優れた杖使いであり、紋章の謎第一部においては、リフがリストラされているので初めての杖使いとして活躍する(星のオーブ+ハマーンバクで育てるなら、ウェンデルが仲間になるまでは控えめの運用で)

新・暗黒竜では固有成長率は幸運以外は軒並み低くHPは-5%、力は0%である為、これらの能力は伸び悩み特にHPはほとんど伸びない。
回復係の役割上、経験値を稼ぎやすく4章の闘技場稼ぎで仲間を回復させまくれば早々とLV20に上げることもできる。

クラスチェンジ後はソードマスターに兵種変更をすると魔法系の時には伸びにくいパラメータが伸びやすくなり、HPの成長率が高くなる。
また魔力で攻撃力が高くなるサンダーソードを効率よく使えるが後方支援がメインなら司祭か賢者で杖を振り続けLV20にしても良い。

暗黒戦争後のエンディング後日談ではマケドニアの修道院で孤児達の世話をした。

英雄戦争編(紋章の謎)
第2部では、マケドニア修道院の司祭としてジュリアンと共にいたところをガーネフ率いる闇の司祭たちに拉致されメディウスの生贄にされそうになるが、ジュリアンが話しかけるとガーネフの術が解け意識を取り戻す。

アカネイア戦記でも登場していて、貧しい人たちを助けるためにリカード、ナバール、カシムと共にパレスの宝物庫に忍び込む。

英雄戦争後のエンディング後日談ではジュリアンと結ばれることとなり修道院に入ったミネルバやマリアと共に孤児の世話をしている。