※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カミュ
暗黒竜と光の剣、紋章の謎1部そのリメイクである新・暗黒竜と光の剣、新・紋章の謎に登場するに出てくるパラディン。

    概要     
グルニア王国所属の騎士でグルニア精鋭の黒騎士団を率いる若き将軍。
アカネイア大陸に名をとどろかす大陸最強の騎士と謳われる名将でブラックナイツ(黒騎士)と称されておりまた三種の神器の一つ、神槍グラディウスを操り、武勇だけでなく、軍師としての能力にも非常に優れている。
性格も自国以外の民でも守ろうとする思いは強く、マルス率いるアカネイア同盟軍のグルニア進撃に祖国滅亡寸前まで追いやられニーナに停戦を申し出られ協力して欲しいと懇願されるも、騎士として国を見捨てることができず最後まで同盟軍と抗争し騎士としての誇りを重んじる武人であり、シリーズ恒例の仲間になりそうでならないキャラ。
最強の騎士団を有しながらもグルニアは暗黒戦争でドルーアの脅しにあっさり屈したルイ王は彼らと同盟を結んでしまい同盟を結ぶが、カミュはそ
れを快く思ってはおらず、自らが軍を率いてアカネイア聖王国に侵攻し陥落させた際もニーナ王女を処刑できなかった。
制圧後、ニーナを守るべくパレスに駐留し彼はニーナ王女に思いを寄せ、ニーナ王女も彼のことを好いていたがメディウスからのニーナ王女処刑の要請も頑なに拒み続け、このため必要以上に危険な戦地へ赴くことが多くなり、ドルーアの本隊がニーナを奪いに来た際も抵抗し、ニーナをオレルアンに亡命させドルーアに捕らえられ幽閉された事もあった。
最後は祖国に対する忠義と思い人との間で苦悩する。しかし、彼は祖国を裏切ることが出来ずアカネイア同盟軍と壮絶な戦いを遂げ、行方不明となる。

暗黒戦争編(暗黒竜と光の剣
本編ではアカネイアを占領していた将軍がボア司祭から奪い取ったトロンの書を取り返しグラ王国の村でマルスに託し、ニーナを気遣う様子も見せていた。
敵として現れるグルニア戦では各能力値がとても高く、間接攻撃可能な神槍グラディウスを装備しているため、暗黒戦争編(第一部)最強の敵ユニットと言われる。
暗黒竜と光の剣、紋章の謎第一部での配置は本城だが、新・暗黒竜と光の剣では城門ではなく城付近の森林エリアで待機している(代わりにロレンスが城門の守備についている)
またSFC版では一部のマップ削除からエストが村訪問で仲間になる際に城から脱出できたのはカミュに助けてもらったと本人の口から聞ける。

戦闘前に自軍が一定のエリアに踏み込むとイベントが起こり、グルニアとの戦の中でマルスの父を死に追いやったのはカミュが関与しマルスの父の仇として剣を合わせようとている自ら告白している。 (グルニアとの対決時にグラ王国がドルーアに寝返り背後からアリティアを攻撃しこれによってアリティアは滅亡した)
新・暗黒竜ではカミュ撃破、カミュを倒さずに城門制圧とで章クリアのイベントが変化する(未撃破の場合は当然、グラディウスを入手できない)
また新・暗黒竜ではカミュ、ミシェイル戦に『激突! 二つの正義』という専用BGMが追加されている。

兵種「パラディン」
LV14
  FC版 SFC版 DS版 DS版(ハード5)
HP  40 40 40 56
力  14 14 14 21
魔力 0  0  2  2
技  13 15 13 19
速さ 17 20 17 21
幸運 0  15 0  0
守備 15 16 15 15
魔防 0  6  8  8
武器 16 --  槍A,剣

暗黒戦争後のカミュの消息
『ファイアーエムブレム 外伝』
アカネイア大陸の暗黒戦争の後に、記憶を失ってバレンシア大陸に漂着し彼を迎え入れた皇帝ルドルフが「ジーク」と付けた。『外伝』に登場した。
クラスはGナイト。

『ファイアーエムブレム 紋章の謎or新・紋章の謎』
バレンシア大陸の戦いの中で、記憶を取り戻し、仮面を付けシリウスという偽名を名乗りアカネイア大陸へと戻ってきた。
クラスはパラディン。
外伝エンディングではティータのために記憶を取り戻したことは隠している。
詳細はシリウス

アカネイア戦記or新・紋章の謎
また紋章の謎リメイクの『アカネイア戦記』ではニーナ処刑の要請に応じないカミュに痺れを切らしたメディウスが腹心ブルザークに命じ大軍を向かわせ、ニーナをオレルアンに亡命させるべく圧倒的な戦闘力差にロベルト、ベルフ、ライデンの3名の部下共に一個大隊を壊滅させた。
戦術次第ではブルザークを討つとメディウスが直々に出撃するまでの事態となり、メディウス曰く「英雄アンリ並みに厄介な奴と」言われるほどである。