※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

中世、デナドロ山に現れる兄弟ボス。
聖剣グランドリオンの化身。
かつてサイラスを勇者と認め共に戦ったが魔王との対決で折れてしまいクロノ達が自分たちを手にするに相応しいか見極めるために戦いを挑んできた。
なおこの形態では二人とも手加減している。

『グラン』
図鑑NO:171
HP  :1000
物理防御:127
魔法防御:50
経験値 :200
技ポイント :2
お金  :200G
属性
弱点     「なし」
吸収     「なし」
無効     「なし」
落とすアイテム「なし」
色仕掛け   「なし」

・『使用技』
パンチ(単体物理攻撃)
・『連携技』
兄弟タイフーン(単体攻撃 混乱)
・『連携反撃技』
兄弟X攻撃(単体物理攻撃)


『リオン』
図鑑NO:172
HP  :1000
物理防御:127
魔法防御:50
経験値 :200
技ポイント :2
お金  :200G
属性
弱点     「なし」
吸収     「なし」
無効     「なし」
落とすアイテム「なし」
色仕掛け   「なし」

・『使用技』
連続パンチ(単体物理攻撃)
・『連携技』
兄弟タイフーン(単体攻撃 混乱)
・『連携反撃技』
兄弟X攻撃(単体物理攻撃)



特に強くないので片方を倒せば戦闘終了となるのでどちらかを集中攻撃しよう。
倒すと「グランとリオンは2人でないと力が出ない」と表示され戦闘終了し「ゆうきのグランと……
ちえのリオン!! コンフュ~ジョ~ン!!」の掛け声とともに合体しグランとリオンになる。

戦闘終了後にクロノ達のチカラを認め、自分たちを直してくれちゃんと持ち主を見つけてくれると信じて聖剣グランドリオンの姿に戻る。
しかし手に入れた頃も剣は既に折れた状態だった。
また彼らにはドリーンというドリストーンの名を冠した姉がいる(古代世界で出会える)
物語終盤でサイラスと再会し迷いを断ち切ったカエルを認め、グランドリオンの真のチカラを開放した。