※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

中世、魔王城に現れる魔王に仕える三魔騎士の一人「空魔士マヨネー」の異名をもつ魔道士。
見た目は普通の人間の女性と変わりなく桃色の髪にポニーテールを三つ編みに束ねている白を基調とする服装が特徴的。
一人称は「あたい」でどこから見ても巨乳の美女……なのだが実は『男である!』
この真実は本人から語られ面識のあるカエルも知っていた模様。
名前の由来はマヨネーズからだと思われる。
魔王城に入ってビネガーイベント後、入口から右の部屋の玉座にいる魔物(ジャグラーの姿をした偽物)に話しかけるとマヨネー?と戦闘になり、そいつら倒すと本物のマヨネーが現れる。

『マヨネー』
図鑑NO:176
HP  :4120
物理防御:150
魔法防御:60
経験値 :500
技ポイント :10
お金  :1000G
属性
弱点     「なし」
吸収     「なし」
無効     「なし」
落とすアイテム「なし」
色仕掛け   「マヨネーのブラ」
※エイラがパーティに居ないので色仕掛けは不可能※

・『使用技』
投げキッス♡(単体物理攻撃+催眠)
風のワルツ♡(単体混乱)
レインボーストリーム(全体物理攻撃+毒)
虹色怪光線(全体物理攻撃+暗闇)
・『反撃技』
トキメキ熱視線♡(物理全体攻撃)


同じ三魔騎士であるビネガーやソイソー同様に魔王を慕い忠誠を誓っている。
魔王城で敗れると姿を消すが死んではいない。
物語後半でスーパーマヨネーという名前で登場し、魔王がクロノ一行側の仲間になると、手のひらを返したように見限ってしまう。
魔王に代わりビネガーに仕えてる様子が描かれているが三魔騎士との決戦時にソイソーが先に敗れた場合は慕っていたはずのビネガーを置いて一目散に逃走してしまう辺り仲間意識が乏しい様子が見られる。
ちなみに逃走した場合はその後の消息は一切不明である。

以下ネタバレ↓
















マルチエンディングNo.7『知られざる過去』ではラヴォスをクロノ達に倒され目的を失い放浪の旅をする魔王と三魔騎士の姿が見れる。
次回作である『クロノクロス』にはビネガー、ソイソー達と共に裏ボスとしてゲスト出演しており、全体的なカラーリングはクロノ・トリガーと同じだが服装や髪型などが一部変更されており攻撃も新たなもモーションが多い。
ちなみに彼らがクロノ・トリガーの三魔騎士と同一か否かは、はっきりとしていない。