※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カエル医者(かえる いしゃ)
『とある魔術の禁書目録』及び『とある科学の超電磁砲』の登場人物

声優は「仲野 裕」

プロフィール
学園都市内の病院に勤めている、顔がカエルに似ている初老の医師。
異名は「冥土帰し(ヘヴンキャンセラー)」
Heaven Canceler=(天国を取り消す者)

ちなみに本名は現在も不明。

設定
学園都市のある病院に勤務するカエル顔の医師。
上条当麻の切断された右腕を傷跡一つ残さず繋ぎ合わせ、何事もなかったかの状態に戻した事でも有名。
また部分麻酔で心臓手術を行うなど、医師としての腕はズバ抜けている。

「何があっても患者を見捨てない」という信念の下「必要とあらばどんなものでも用意する」
「どうにもならない事をどうにかする」が信条であり、死人以外ならどんな状態でも必ず助け、その為には手段を問わず、また患者に必要な物がある場合どんな物でも揃える凄腕の医者であり、医師として眉をひそめるような技術をもためらわず治療に利用する。

その卓越した手腕故に「冥土帰し(ヘヴンキャンセラー)」と言う通称で呼ばれて居る。
しかし、当麻が竜王の殺息(ドラゴンブレス)を受けた事で生じた記憶破壊に関して治療はできなかったことを悔やんでいる。

また、人間の寿命を延ばす研究も行っていたようで、それが後の身体的障害を抱えてしまったレベル5達へのリハビリである「負の遺産」に応用されている。
実は、アレイスターと共に学園都市を作った人物で、イギリスで瀕死の重傷を負っていたアレイスターを救い、日本で匿ったのが彼とアレイスターの出会いである。

カエル顔の為に、ゲコ太好きの御坂美琴が初対面した際「リアルゲコ太!」と反応し思わず写メリたくてうずうずしていた。

作中での行動
上条当麻が何らかの事件で大怪我を負うたびに治療をし、お世話になっている人物。
頻繁に入院するので「君はよっぽどこの病室が好きみたいだね」とまで言っている。

とある科学の超電磁砲
幻想御手(レベルアッパー)編でちょい役で登場。
原作では顔を隠しての登場だったが、アニメでは普通に顔が出ている。