※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Imagine Breaker=「幻想を打ち砕く者」

とある魔術の禁書目録の主人公である、上条当麻の右手に宿る謎の力。
触れた物が異能の力であれば、超能力だろうと魔術であろうと打ち消すという力を持つ。

当麻曰わく、生まれた時から持っていた力らしい。

また当麻の不幸体質はインデックスの推測によると、幻想殺し(イマジンブレイカー)は神の加護や運命の赤い糸も打ち消しており『その右手があるだけでどんどん幸運が打ち消されるので、常に不幸なんじゃないの?』とのこと。


概要
学園都市内の身体検査(システムスキャン)では、この能力が検知されないもようで、レベル0として認識されている。

区分としては一応原石に該当するのだとか。
また、幻想殺し(イマジンブレイカー)の存在を知っているのは一部の生徒と、学園都市のトップである統括理事長アレイスター=クロウリーや統括理事会などに限られている様子。

イマジンブレイカーの効果
右手で触れば異能の力を打ち消す、と言うもの。
しかし触ればいいという反面、逆に言えば触ることができなければ全く意味を成さないという側面も持っている。
魔術で生み出した炎、超能力で生み出された電撃などは、右手で触れれば強弱や大きさに関わらず消滅する(力場が地続きであれば更に効率的に)ゴーレムに触れればゴーレムの構成を崩壊させる。

爆弾なども、その起爆と爆発効果が能力に依存するものであれば消せる。
しかし、異能の力が一切使われていない銃器や、パンチ等の打撃は当然無効化出来ない。
異能の力の余波で飛んで来たコンクリートの破片等も打ち消すことはできない。
前述の爆弾なども当然、科学的に作られたものであれば通用しなくなる。
霊装など、魔術の仕組みを持った物体に触れた場合は、物質を消滅させたりはしないものの、その物体の放つ魔術的効果だけでなく、異能を発動させる構造も完全に破壊、または解除する。
物によってはバラバラに分解、あるいは粉々に破壊し、その物体の魔術的な要素を完全に消し去る。
なお、土御門の推測によると「生命力」や「地脈」といった打ち消せない「例外」も存在するとのこと。
もし打ち消せてしまうなら生物に触れただけで殺してしまうし、地面に触れただけで地球がばらばらになってしまうはずである、ということらしい。
しかし「調和の取れた破壊」で『世界の力』を破壊し続けているというインデックスの分析もあり、詳細は不明。

以上のことからあらゆる異能を触れただけで消し飛ばす、強力無比な能力。
しかし絶大な効果に比例して弱点や欠点盛りだくさんの困った能力。

また度重なる戦闘経験から一方通行との再戦時には、打ち消し切れない量の異能である『黒翼』を「掴み取る」という対応を覚え、戦術の幅を広げた。

欠点
イマジンブレイカーの欠点は攻撃に反応できず異能に触れなくてアウト、という事態もある。
その他、右手が異能に触らない限り発動しない上「幻想殺し」が右手首から先しかない、元を断たない限り再生するタイプの魔術に弱い。
数が多すぎると迎撃しきれない、軌道が読めなければ触れない、有益無益の判断が無いため、回復魔術などのプラスの恩恵も受けられない。

また、天罰、回復、テレポートなど「上条当麻」を対象とする異能は、テレポートのために触れる手などが右手に関係なく打ち消す(またテレパシーも打ち消す)
しかし記憶消去などは、対象を上条としながらも効くなど色々と矛盾が生じている。

エネルギーや規模が莫大であるほか、起点を絶たないと消滅しないモノや永続的に発生する力に対しては処理が追い付かず力負けすることもある。
他にも『女王艦隊』のように、区画分離がされている対象は一度で全てを消すのは不可能で『御使堕し』のような広域に渡って展開されている現象には対処のしようがない。

『竜王の殺息』に至っては、個々に消し続ける羽目になるのみならず、処理が追いつかないという二重苦であったため、幻想殺しの力が真っ向から打ち負けていた。
そもそも竜王の殺息は規模が莫大かつ連続的に放たれる上、個数が多く種類がバラバラという最悪の相性であったようで、 あった。