※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

枝先 絆理(えださき ばんり)
『とある科学の超電磁砲』の登場人物。

声優は「佐藤 聡美」

プロフィール
レベルは不明だが、精神感応(テレパス)能力を所持。
AIM拡散力場制御実験の過程で木山春生の教え子となった。

・容姿
茶髪に黄色いカチューシャとおでこがチャームポイント(というか、けいおん!のりっちゃんにしか見えない…)

交友関係
春上 衿衣
かつては同じく置き去り(チャイルドエラー)だった春上衿衣と同じ施設で暮らしており親しい友人同士だった。
乱雑開放事件(ポルターガイストじけん)解決後に再会する。

・木山春生
教師をしていたときの教え子。
事件解決後に8月9日には、誕生日を迎えた木山にバースデイメッセージを送っている。

設定
学園都市に捨てられた身寄りのない子どもたち『置き去り』の一人である。
その後、絆理はその施設を離れ、施設を転々とし、どうやら先進教育局にたどりついたようである。

木原幻生が主導した統括理事会肝入りの実験の被験者のうちの一人となり、後に行われた暴走能力の法則解析用誘爆実験によって重傷を負い、意識不明に陥る。
結果、彼女を含む置き去り10名は昏睡状態に陥ったままとなってしまっている。

春上衿衣の精神感応(テレパス)が特殊な強度を発揮する対象であり、かなりの遠距離であっても念話が出来る。
昏倒した後もその特質は発揮されており、彼女たちの快復を目指す木山によって引き起こされたポルターガイスト事件の際には、彼女の苦痛が春上衿衣に伝わり、錯乱を引き起こしてしまった。
御坂美琴たちの活躍によってテレスティーナ=木原=ライフラインが倒された後、無事に快復。
他の『置き去り』達と共に目を覚まし、春上衿衣とも無事に再会した。


余談だが、彼女のカチューシャが『けいおん! のりっちゃん(田井中 律)』を連想させる。
ていうか、声優まで同じだから、それをネタにした絵も多い。