※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アルセウス
英語名 Arceus
全国図鑑 493
タイプ・ノーマル
分類「そうぞうポケモン」
高さ 3.2m
重さ 320.0kg
特性「マルチタイプ」
タマゴグループ「タマゴ未発見」
タマゴの歩数「30720 歩」
獲得努力値「HP+3」
最終経験値「1250000」
性別「ふめい」
捕捉率「3」
初期なつき度「0」

ポケモン図鑑説明文
ポケットモンスター ダイヤモンド
「1000ぼんの うでで うちゅうを つくった ポケモンとして しんわに えがかれている。」

ポケットモンスター パール
「うちゅうが まだ ない ころに さいしょに うまれた ポケモンとして しんわの なかで かたられている。」

ポケットモンスター プラチナ.ブラック.ホワイト.ブラック2.ホワイト2
「なにも ない ばしょに あった タマゴのなかから すがたを あらわし せかいを うみだしたと されている。」

ポケットモンスター ハートゴールド.ソウルシルバー
「タマゴから すがたを あらわして せかいの すべてを うみだしたと シンオウしんわに かたられている。」

種族値
HP:   120
こうげき:120
ぼうぎょ:120
とくこう:120
とくぼう:120
すばやさ:120
種族値合計:720

ダメージ倍率
ノーマルタイプ時
かくとう:200%
ゴースト:0%

覚えられる技

入手方法・入手可能な最低レベル バージョン
4世代
おや:えいがかん
ID: 07189
親の文字の色「青」
レベル: 100
わざ「さばきのつぶて.ときのほうこう.あくうせつだん.シャドーダイブ」
どうぐ「レンブのみ」
配布された場所
全国の映画館の上映場所。
2009年7月18日(土)-9月30日(水)の上映期間中(上映期間が9月30日以降までであったとしてもアルセウス受信は9月30日まで)
劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール アルセウス 超克の時空へ上映中に送られる。

プレシャスボールに入っている。

クラシックリボンをつけており、GTSで交換できない。
第四世代においては2010年に配信された一度のみで、正規のアルセウスはこの「アルセウス(えいがかん)」しか存在しない。
この映画館アルセウスをハートゴールド・ソウルシルバーのアルフのいせきに連れて行くと、特殊なイベントが発生する。

アルフ遺跡での特殊イベントで行けるシントいせきは、ジョウト地方の北に位置する遺跡。
奥には「みつぶたい」があり、伝説のポケモンの誕生を主人公は目撃することとなる。
山男とシロナの発言によると昔、シンオウからジョウトへ移り住み、ジョウトの人々と交流したシンオウの人々が故郷を思って建てたとされる遺跡で、アルフのいせきとやりのはしらの両方の伝説を受け継いでいると言う。

その言葉通り柱がやりのはしらのものと酷似していたり、遺跡自体の名称がシンオウとジョウトの融合を思わせるものになっている。
みつぶたいはアルセウスを奉る為に作られた神聖なステージであり、アルセウスの偉大な力が音楽と踊りで表現されていたという。
この「みつぶたい」にはアルセウスとディアルガ・パルキア・ギラティナを示す文様があり、アルセウス一匹のみを連れてみつぶたいに立つ事でその力の一部である「無からの新たな生命の創造」を披露する。

通常は行く事ができないが、2009年7月18日から劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール アルセウス 超克の時空へで配布されたアルセウスを先頭にしてアルフのいせきの小屋に連れて行くことでこの場所にワープする。地形としては「みつぶたい」があるシント遺跡と一つ小屋があるのみで辺りは雪で覆い尽くされており、かなり狭いエリアである。

ここではアルセウスがみつぶたいで『ディアルガ・パルキア・ギラティナ』の内の選んだ一匹を誕生させるイベントが起こり、それぞれのLv.1のものを一体だけゲットすることができる。またそれぞれの専用アイテムである『こんごうだま・しらたま・はっきんだま』を持っている。

イベント終了後はアルフのいせきへ強制的にワープし、二度と入れなくなる。
専用イベントにはBGMに合わせ、実写の風景がフラッシュカットの要領で連続的に投影されるムービーが使用されている。
この際のBGMはダイヤモンド・パール・プラチナでのアルセウスの戦闘曲として使われるはずだったもの(ただし若干作り直されている)である。

ポケギアのマップに表示されるのは滞在している時だけで、離脱した後はマップから消えてしまう。
小屋にはケーシィを連れた老人がおり、イベントの途中でも話し掛ければ任意でワカバタウンに戻れる。

シント遺跡のイベントで手に入る『はっきんだま』は通信交換で持ってくることが出来ないため、このイベント以外にはオリジンフォルムのギラティナは入手出来ない。

5世代
ポケモンブラック・ホワイト』の発売日2010年9月18日(土)-11月1日(月)までに行われた人気投票で一位に輝いたアルセウスが配信された。
2011年1月31日午後5時までの期間、ポケモングローバルリンクのキャンペーンページに入力すれば「ポケモンドリームワールド」で「アルセウス」を仲間にし、ゲームシンクIDコードを登録してある『ポケモンブラック・ホワイト』へ連れていくことができる。
仲間になった「アルセウス」は『ポケモンブラック・ホワイト』にゲームシンクで連れてきた後に、ハイリンクの森のどこかに出現する。

親はトレーナーは自分。

アルセウスの設定
特性マルチタイプにより、持たせたプレートによってタイプと体の色が変化する。
専用技「さばきのつぶて」
シンオウ神話において全てを創造した神とされ、シンオウ地方の神話では、タマゴから生まれたとされている。
自分の分身を2つ作り、それが後に、ディアルガとパルキアになり、さらにタマゴを作りそこからユクシー・エムリット・アグノムを生み出したとされている。
ギラティナもパルキアと同じ時期に誕生したが歴史から抹消されている。
この件に関してミュウがポケモンの先祖とされる仮説と矛盾する、という声もあるが今のところゲーム、アニメ共に説明はないため、真相は不明。

ネット上の見解としてはアルセウスはポケモンや人間といった生命や宇宙そのものを作り出した創造神であり、ミュウがポケモン世界の地球に最初に産まれた始祖のポケモンであるとの見方が強い。

アニメ.劇場版におけるアルセウス
劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール アルセウス 超克の時空へに初登場。
声優はゲスト出演の「美輪 明宏」

マンガではポケットモンスターSPECIAL第9章に登場。

マルチタイプ
プレートでタイプを変更できるだけでなく、隠し効果として「ミイラ」「なやみのタネ」「なかまづくり」などの特性に干渉する技や「どろぼう」「トリック」など道具の所有に関わる技を一切受け付けない。

 育成.戦法など   
禁止級ポケモンのためバトルタワー、バトルフロンティア、バトルサブウェイ、PWTなどではルールによって使用を規制されるポケモン。また、大会などでも使用を制限されることがある。

全ての種族値が120と、物理・特殊共に高い、攻撃・耐久と素早さ全てを両立しており種族値の合計が全ポケモン中最も高い。
覚えられる技も豊富なのでアタッカー・耐久両方をこなせる。
専用特性マルチタイプを用いれば自身と「さばきのつぶて」のタイプをパーティや役割などに応じて変えることも可能(戦闘中に別のタイプへの変更はできない)

ただし貴重な道具スペースを使う上、ノーマルタイプのままでも主力技をタイプ一致で使えるので必ずしも活用する必要はない。
伝説のポケモン全般から見ると高い能力を誇るもののやや決定力に欠ける。
攻撃はつるぎのまい、特攻はめいそうで補強することが可能。
耐久も前述のめいそうやコスモパワーで伸ばせ、ちきゅうなげ、リフレッシュ、リフレクター、ひかりのかべ、おにび、どくどく、じこさいせいといった耐久型に有利な技も使える。

フォルムの仕様により、持ち物を技で盗られることがないのも特徴。

攻撃技は、物理技にはしんそく、じしん、ストーンエッジ、ドラゴンクロー、げきりん、たきのぼりなどが、特殊技ならさばきのつぶて、だいもんじ、なみのり、かみなり、10まんボルト、れいとうビーム、だいちのちから、きあいだま、あくのはどう、シャドーボール、りゅうのはどう、りゅうせいぐん、といったサブウェポンを多く覚えられる。

映画館アルセウスなら、あくうせつだんも候補に挙がる。

レベル100で配布されている為、4世代ではドーピングアイテムでしか上がらないが、努力値を得振ってからドーピングアイテムを使うと能力値が上がる。
(例・能力を252ずつ振ってからタウリンなどを使うと得た努力値分の能力が上る)

ちなみに『第五世代ではLv.100でも努力値が反映されるようになった。』