※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

テリーのワンダーランド3D
リーダーの魔戦士ルギウスと、仲間の3人の魔戦士「ヴェーラホゲイラサイフォン」らと共に突如、タイジュの国に現れ、精霊石を賭けての星降りの大会・レジェンドに挑むこととなり、ジュヒョウ王国にてルギウスに挑む前に『ぜっかいの扉』で彼と戦う事になる。
アルゴのお供は「ダーククリスタルとダブルイーター」
テリーはパートナーは「ミレーユ、タイジュ王、マルタ王、カレキ王」の誰か1人を選んで戦う。

見た目は、氷柱のような突起のついた大きな杖と青い身体を持った大柄な男の姿。
4人の魔戦士の中では最も強く、ルギウスとも互角に渡り合った実力者。
氷のように凍てついた心の冷徹な戦士と言われており、勝利の為には手段を選ばない。
しかしルギウスが負けそうになった時も、その瞬間に割って入り、テリーにわざとでも負けるように懇願する。
しかし「魔戦士の誇りだけは失うな」とルギウスに窘められた。

魔戦神ゼメルギアス撃破後はジュヒョウ王国に平和が戻り、再び「ぜっかいの扉」最深部にいるので話しかけると再戦できる。
『5ターン以内』に倒せば仲間になる。
ちなみに極稀に最強の槍『じごくのまそう』が手に入る。
直前にセーブして手に入るまで「リセット→戦う」を繰り返して入手してから仲間にするといいかも。

「邪眼皇帝アウルート+魔戦車ダビド」の配合で誕生するが、Wi-Fi配信でのカカロンを使う配合なので、ぜっかいの扉で仲間にする方が手っ取り早いので上記の貴重なモンスターを使っての配合で誕生させる必要は無い。
むしろ複数体入手したい場合は配合で生み出すよりも10万ゴールドと高額だが「めぐりあいの扉」で仲間する方が手っ取り早い。


種族は悪魔系のSSランクの「1枠」モンスター。
所持スキルは固有の「魔戦士アルゴ」
特性は「スタンダードボディ」
「AI 1-2回行動」
「ときどきスカラ」
+25で「一族のほこり」
+50で「星のまもり」が加わる。
能力値限界値は「HP1175」「MP650」「攻撃860」「防御930」「素早さ400」「賢さ950」
攻撃、賢さが高いので呪文、攻撃の両型戦法が可能。
素早さはやや低いが、他の能力は高めで特に守備力に優れる。
時々スカラが発動すればさらに硬くなる。

究極配合では「HP1360」「MP780」「攻撃1032」「防御1116」「素早さ480」「賢さ1140」

『アルゴ、ヴェーラ、ホゲイラ、サイフォン』との4体配合で「魔戦士ルギウス」が生み出せる。