※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

テリーのワンダーランド3D
リーダーの魔戦士ルギウスと、仲間の3人の魔戦士「アルゴヴェーラホゲイラ」らと共に突如、タイジュの国に現れる。
ゾンビとなってなお魔戦士として忠誠を尽くす老体。
その姿は年老いたモンスターの憧れでもある。
かつて禁断の術について書かれた書物を自分が発見してしまった事がきっかけでルギウスを追い込んでしまった事を悔いており、滅びの言い伝えを誰よりも恐れていた。

精霊石を賭けての星降りの大会・レジェンドに挑むこととなり、ジュヒョウ王国にてルギウスに挑む前に『れっぷうの扉』で彼と戦う事になる。
サイフォンのお供は「デュラハーン、デッドマスカー」
いずれも呪文攻撃を得意とし、デュラハーンは全体、デッドマスカーは単体への各種の呪文を使用する。
マホカンタなどで対処すればいいが、サイフォンに凍てつく波動を使われる度にかけなおす必要がある。
マホカンタをかけなおすのが面倒なら「つねにマホカンタ」持ちのモンスターで固める手もある。
主なモンスターは「おどるほうせき+50、あくまのカガミ+25、シルバーデビル+50、アンクルホーン+50、ゲルニック将軍+50、エビルプリースト、じごくのメンドーサ+50、ゲマ+25、大魔王ゾーマ」などがいる。
マホカンタメンバーがいると通常攻撃に切り替えてくるが、さほど強くは無い。

テリーはパートナーは「ミレーユ、タイジュ王、マルタ王、カレキ王」の誰か1人を選んで戦う。

魔戦神ゼメルギアス撃破後はジュヒョウ王国に平和が戻り、再び「れっぷうの扉」最深部にいるので話しかけると再戦できる。
『5ターン以内』に倒せば仲間になる。
ちなみに極稀に最強の杖『ひかりの杖』が手に入る。
直前にセーブして手に入るまで「リセット→戦う」を繰り返して入手してから仲間にするといいかも。

「セバスチャン+魔戦車ダビド」の配合で誕生する。
れっぷうの扉で仲間にした後に複数体入手したい場合は配合で生み出すよりも10万ゴールドと高額だが「めぐりあいの扉」で仲間する方が手っ取り早い。


種族はゾンビ系のSSランクの「1枠」モンスター。
所持スキルは固有の「魔戦士サイフォン」
特性は「スタンダードボディ」
「AI 1-2回行動」
「れんぞく」
+25で「一族のほこり」
+50で「星のまもり」が加わる。
能力値限界値は「HP1150」「MP950」「攻撃330」「防御640」「素早さ900」「賢さ1100」
賢さが1100と高くMP、素早さも高いので魔法系に育てよう。

究極配合では「HP1330」「MP1140」「攻撃396」「防御768」「素早さ1080」「賢さ1320」

『サイフォン、ヴェーラ、アルゴ、ホゲイラ』との4体配合で「魔戦士ルギウス」が生み出せる。