※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ゆのとは、ひだまりスケッチに登場するキャラクターである。

声優は「阿澄 佳奈」

プロフィール
ひだまり荘201号室在住。 やまぶき高校美術科。
山梨県出身。

誕生日は5月5日
身長は1年時が144.5cm。
2年時が144.3cm(本人は誤差と主張)
アニメでは身長144cm。
靴のサイズが21.5cm。
100均のメジャーで身長が測れるほど小柄なため、かなりのコンプレックスを抱いている。

茶色っぽい頭髪で頭の左右に黒い髪留め(バレッタ)がトレードマーク。

家族構成は両親だけで一人っ子。

親友の宮子からは「ゆのっち」と呼ばれており、これはファンの間でも使われる。
主に同級生、先生方、及びヒロからは「ゆのさん」、宮子からは「ゆのっち」
沙英、両親などからは「ゆの」と呼ばれている。

高校生にしては体が小さく、小学生に間違われるほど背が低く、本人もそれをコンプレックスに思っている点がある。

性格は素直で優しく一生懸命。
おっとりしており、可愛いものが好きで全体的におとなしい性格。
子供っぽい部分があり、また少々天然なところも見られる。
あらゆることを世間一般の認識と違う意味に勘違いする。

普段は寛容な性格だが、小さなこだわりを譲らない一面もある。
寝起きなど意識が不安定な状態になると、自分の小さなこだわりについて延々と語り始める癖がある。

いつでもどこででも眠れるタイプで、疲れが溜まると眠ってしまう。
年齢と反して容姿、性格が子供じみているため、乃莉となずなからも「かわいい」と評される。

運動は全般的に苦手で、特に水泳は、トンカチ(カナヅチ)を自認するほどである。
またパソコンやインターネット関連の事柄にも疎いようである。
また、音痴であるが、本人はそれに気づいていない。

物事をまとめようと例え話や四文字熟語を言うが、大抵間違っていてそれをヒロに突っ込まれる可愛い娘である。

基本的に前向き(舞い上がりやすいが調子に乗るほどではない)だが、落ち込みやすい一面もあり、自分には才能が無いと自身を卑下する場面も見られる。
そんな時に純真な笑顔で支えてくれるのが宮子であり、二人の関係はまさしく友情の理想形である。

しかしその一方で、不意にアルコールなどが入った際には、普段からは想像できない姿も見せた(原作版のみ)

試験や考査では、決まって消しゴムを忘れ、代わりに練り消しを使うことになってしまう。
なぜか雑誌の応募者全員サービスに外れたことがあるという。

ゆの本人がそれぞれ「優ちゃん」「まなみん」「美雪ちゃん」と呼ぶ友人がいる(背はいずれもゆのより高い)

ゆのの胸
現在の原作マンガおよびテレビアニメでは、ゆのは小柄なりにメリハリのついた体形をしており、胸も意外と大きい(沙英よりある)

ところが、原作マンガ連載当初は、小柄な身長通りの貧乳・小尻の持ち主で、当初はあの沙英にまで、水着越しに胸をつつかれながら「育ってないけどねー」と言われてしまうほどだった。
が、この直後、ゆのは伝説のやまぶき地蔵と出会い、薄汚れていたこれを掃除した上、ほっかむりまでつけた。
やまぶき地蔵は吉野屋先生が在学中に製作したもので、その製作者の姿から女性のスタイルがよくなるという御利益があるといういわくが生徒の間に受け継がれていた。

以降、ゆののスタイルは(身長こそ恵まれないものの)徐々に良くなっていき『上記の次の回ですでにゆったりしたブラウスを着て胸元に影ができている』
少なくとも「貧乳」と言われることはなくなった。

設定上は、なずなと沙英が貧乳で、ゆのはその次。
アニメ版でも「成長してないです」というセリフがあり、そのシーンの作画も、BD・DVD版ではテレビ版よりも貧乳に修正されている。

アニメ1・2期ガイドブック『ひだまりスケッチアルバム』のスタッフインタビューによると、2期開始に先立って、伊藤良明氏がキャラクターデザインを一新した。
その際に胸が大きめになった。

美術の腕前に関しては、本人はあまり高くないと感じており、周りの生徒の優れた作品を見て思い悩むこともしばしばある。
しかし、2年時にやまぶき祭で配布されるパンフレットの表紙にゆののデザインが選ばれるなど、実力が認められている節もある。

アニメでは大家と会う時期が一番遅く、後輩である乃莉となずながひだまり荘に入居し始めて間もなく挨拶を済ませていたこと聞いたときはショックを受けていた(原作では宮子と一緒に会っている)

好きな歌手は「マーメイド」

イメージカラーはオレンジ。
左右につけている黒いバッテンの形の髪留め(バレッタ)のトレードマークがシンボルマークになっている。


余談だが、ゆのの身長は原作者である蒼樹うめのそれとほぼ同じである。
ゆのの母親の誕生日は1964(昭和39)年6月27日と判明している。
宝くじの当選番号を調べているとき、沙英が読み上げた『19640627』という番号にゆのが反応した。