※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ドラゴンクエスト7
ドラクエ7に登場した「げんま召喚」の特技で精霊よりも強力な幻魔を召喚し、一緒に戦わせる。
最強の幻魔でLV40以上で召喚可能。
4本の腕を持ち、杖を携え、赤い肌をした神官のような姿。

HP「3000」
MP「70」
攻撃力「390」
守備力「300」
素早さ「130」
戦闘中で使う呪文や特技は『におう立ち、岩石おとし、火ばしら、グランドクロス、ベホマズン』を使う。

攻撃、防御において実力は幻魔の中でも最強。
特にHPはダントツに高く、におう立ちしても簡単には倒れない。
HPが減ったら主人公たちがベホマズンなどで回復すればまさに鉄壁。
弱点はないと言ってもいいが、いてつくはどうには弱い。
また欠点を挙げるならベホマズンを滅多に使わないことである。

ドメディ以外にカカロンバルバルークシャラミという仲間がいる。

モンスターズ キャラバンハート 
勇者ロトの子孫が破壊神シドーを滅ぼしてから数百年後の世界に存在する4大幻魔の一人でロトのオーブの一つ「知識のオーブ」を守護している。

ドメディはロンダルキアにあるハーゴン神殿に住んでおり、現在は『ドメディの城』という名前に変わっているが、内部構造はハーゴンの神殿とほとんど変わらない。
訪れた当初はオーブを渡すのを渋っていたが幻魔王の説得を受け知識のオーブを授けてくれる。
しかしキーファ達が立ち去ったあと何者かに消されてしまう。

マガルギとの戦い後(エンディング後)に他の3幻魔共々囚われてしまうがキーファに助けられた後、再び知識のオーブを託し、ギスヴァーグの潜んでいるダンジョンの扉を開く。
ギスヴァーグ撃破後はドメディの城で戦うことができる。

8ターン以内で倒すとドメディの心がもらえる。
彼のお供として出てくる2匹の『ちんもくのひつじ』は脅威ではないので後回。
問題はドメディで、ザオリクで羊たちを復活させる他、マジックバリアとフバーハで防御をかためてくる。
なのでドメディを集中攻撃しよう。

編成メンバーは「マスター剣士やマスター戦士、マスター武闘家」を馬車に積んで一気にたたみかけたい。
回復にはベホマズンを覚えていればOK。

種族は「エレメント系」のAランク。
重さは「4」
「ドメディ」への転身方法は『バルバルー』に「グリフィンクスの心×デュランの心」で、ドメディへと転身できる。
覚える特技は「バギ、ルカニ、せいしんとういつ」

ステータスは、全ての能力が終始バランスよく伸びていくが、耐性は同ランクのエレメント系と比べて弱めで、会心率も普通。
主力メンバーにするなら職業(マスターランク)の心による耐性強化が必須。

またドメディは事件の黒幕(ラスボス)である『ギスヴァーグ』の転身元となる。
ドメディに「ワルぼうの心×ドラゴンマシンの心」の転身で誕生するエレメント系転身の終着点の一つ。

テリーのワンダーランド3D
配信限定のモンスター。
2012年 6月22日から開始された「ノーマルプレゼント対戦」でカカロン、クシャラミ、バルバルーと共に同時配信された。
また配合しても基本的に♂しか生まれない。
「ドメディ×皇帝ガナサダ」との配合で『名をうばわれし王』が生まれる。
しかし、名をうばわれし王を作るのに「黒騎士レオコーン×妖女イシュダル」で事足りるのでわざわざドメディを使う必要はない。


系統は???系。
Sランクの「2枠」モンスター。
所持スキルは「MP回復」
特性は「メガボディ」
「AI 2回行動」
「みかわしアップ」
「イオブレイク」
+25で「ベタンブレイク」
+50で「ときどきスカラ」が加わる。
能力限界値は「HP1745」「MP555」「攻撃366」「防御700」「素早さ733」「賢さ942」

究極配合では「HP1974」「MP666」「攻撃460」「防御860」「素早さ880」「賢さ1151」
4幻魔で唯一「れんぞく」の特性を持たず賢さが最も高い。
しかし攻撃力は低いので攻撃呪文スキルがメインとなるだろう。