※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

乃莉(のり)とは、ひだまりスケッチに登場するキャラクターである。

声優「原田 ひとみ」

ゆのが2年生に進級した際に登場した新入生。
原作の初登場は第4巻。
TVアニメは第3期からの登場。

プロフィール
ひだまり荘103号室の住人。
やまぶき高校美術科1年A組。
身長はヒロと宮子の中間位(約160cm前後)
関西出身(大阪か兵庫、阪神地区 辺り)
パソコンが趣味で、ひだまり荘で唯一、パソコンを使っている。


宮子からは「乃莉っぺ」または「乃莉スケ」「ノリコさん」と呼ばれている(宮子がつけたあだ名はなずなに対してと同様、一定していない)

宮子以外からは、ふつうに「乃莉」「乃莉ちゃん」と呼ばれる。

常に前向きで、男前な性格。

思った事をすぐに口に出す実直な性格で、なずなにダメージを与えることが多いが、本人に悪意はない。
さばさばしており、失敗は認め、謝ろうとする姿勢がある。

彼女の言動でひだまり荘の住人に困惑を与えることも多い。
さらに地元の話題や興味のある話題に関して蘊蓄に近い語りを披露することもある。

ただし根は優しく、やや強引ながらも引っ込み思案のなずなをリード、フォローする場面が見られ、勉強も教えるなど面倒見の良さもある。
一方で照れ屋の一面も持ち合わせており、褒められたりするのに弱い。

さらに自分が「かわいいもの好き」であることを知られたくないとも思っている。

パソコンを所持しており、彼女が入居するにあたってひだまり荘にインターネット回線(ADSL)設備が導入された。
なお、回線は用意されたものの、実際にインターネットを利用できる環境を持つのは乃莉の部屋だけであるため、たまに、ゆの達から調べ物でパソコンを貸してほしいと頼まれる。
パソコンのOSデスクトップ上には、過去封印と言う名前のフォルダがあり、この中身を見られると半狂乱になるという。

ネットで仕入れたと思われる知識が豊富で、折に触れて豆知識を披露する。
また、中華フェアの全品制覇など、凝り性なオタク気質が感じられるところもある。

反面「甲乙つけがたい」を「紅白つけがたい」と間違えたりする可愛い面もある。

髪の毛が青緑であり「ひだまり緑4人衆」の一人である。

アニメ版(原作からの変更点)
2作目の『ひだまりスケッチ×365』特別編に先行登場後、3作目の『ひだまりスケッチ×☆☆☆』から本格的に登場。

外見では髪の色が原作カラーよりもより青に近くなっており、その性格とあいまって、より智花に近いイメージに変わっている。

思ったことを口にしてしまう性格は、基本部分は変わっていないが、演出上、トラブルメーカーぶりはかなり抑えられている。

ひだまり荘に稀有な常識人であり、突っ込み役。
内気ななずなとは良いコンビ。
似たような性格の智花とは、年齢が同じこともあって、すぐに打ち解けた。

「ノリスケ」の愛称は、もともとが元ネタ(→サザエさん)の登場キャラクターからもじった揶揄だったが、アニメ同士ではより近似したジャンルになる(4コママンガ原作の日常系スラップスティック)ということもあって、無用の版権トラブル回避のため使用されていない。
「乃莉っぺ」と呼ぶシーンはほぼそのままだが、「ノリスケ」と呼んでいたシーンのほとんどは「乃莉(ちゃん)」と名前のみで呼ぶようになっている。

pixiv上では中の人の影響か、吉野屋先生や宮子と並んで巨乳キャラとして扱われている場合が多い。
もっとも、胸の順では宮子ほどではないがゆのとなずなより上で、沙英相手にも「私のほうが大人です!」と胸を張るくらいあるので、その判断もだいたいあってる。

シンボルマークはパソコンのマウス。
イメージカラーはブルー。