※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

智花
ちか

1.ひだまりスケッチの登場人物

声-釘宮理恵
沙英の2歳年下の妹。
アニメ版のオリジナルキャラクターで、第1期第12話(最終回)で正式に登場。第2期では5話などに登場。
さらにアニメ第3期では、同い年の乃莉やなずなとも交流し仲良くなった。
沙英と異なり積極的かつ活動的で明朗な性格。
中学高校共に吹奏楽部に所属。担当する楽器はアルトサックス。
ゆのとは度々メールでやり取りしており、近況や高校受験の報告などを行っている。
時系列としては“その後の話”となるが第1話ではゆのに届いたメールや年賀状、第5話ではゆのの夢や沙英とヒロの会話など、その存在を臭わせる箇所(いわゆる伏線)が多数存在した。
(Wikipediaより引用)



原作への逆輸入
彼女は上記の通り当初はアニメオリジナルキャラクターであるという扱いだったため、原作では沙英に妹が存在することが言及されたのみであった。


英の2歳年下の妹。アニメ版のオリジナルキャラクターで、第1期第12話(最終回)で正式に登場。第2期では5話などに登場。さらにアニメ第3期では、同い年の乃莉やなずなとも交流し仲良くなった。
沙英と異なり積極的かつ活動的で明朗な性格。中学高校共に吹奏楽部に所属。担当する楽器はアルトサックス。ゆのとは度々メールでやり取りしており、近況や高校受験の報告などを行っている。
時系列としては“その後の話”となるが、第1話ではゆのに届いたメールや年賀状、第5話ではゆのの夢や沙英とヒロの会話など、その存在を臭わせる箇所(いわゆる伏線)が多数存在した。
原作でも初期から沙英は妹の存在を言及しているが、名前については触れていなかった。しかし、後にアニメ版から逆輸入される形で後にきららキャラット2012年6月号にて登場。
原作にも登場することとなる。
ただし、アニメ版とは初登場の時期が異なるためゆの達が2年生になるまで姉である沙英以外のひだまり荘の住人とは面識がなく、ひだまり荘を訪れた際も沙英としか直接顔を合わせていないためアニメ版とは異なりゆの達とは全く交流がない。