※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

校長先生
こうちょうせんせい

学校で一番偉い人のこと



主人公であるゆの達が通う高校であるやまぶき高校の校長。
本名は明かされておらず作中でも校長、としか呼ばれない。
顔(頭)が非常に縦長であり宮子などに突っ込まれる事もある。
いつも小刻みに震えている。
アニメ版ではやたら高い運動神経で他を圧倒していた。
一例としては校門の柵を跳び越えた上で道路すら飛び越したり
瞬間移動とも言える程の速度で移動したり……。
元気なおじいさんである。

吉野屋先生に対しては手を焼いているようだが良い先生である、との発言もしている等
教育者としても立派なものだと思われる。

アニメでの声優はチョー。
そのため、「校チョー」と言われることがある。




主人公であるゆの達が通う高校であるやまぶき高校の校長。
本名は明かされておらず作中でも校長、としか呼ばれない。
顔(頭)が非常に縦長であり宮子などに突っ込まれる事もある。
いつも小刻みに震えている。
アニメ版ではやたら高い運動神経で他を圧倒していた。
一例としては校門の柵を跳び越えた上で道路すら飛び越したり
瞬間移動とも言える程の速度で移動したり……。
元気なおじいさんである。

吉野屋先生に対しては手を焼いているようだが良い先生である、との発言もしている等
教育者としても立派なものだと思われる。

アニメでの声優はチョー。
そのため、「校チョー」と言われることがある。




主人公であるゆの達が通う高校であるやまぶき高校の校長。
本名は明かされておらず作中でも校長、としか呼ばれない。
顔(頭)が非常に縦長であり宮子などに突っ込まれる事もある。
いつも小刻みに震えている。
アニメ版ではやたら高い運動神経で他を圧倒していた。
一例としては校門の柵を跳び越えた上で道路すら飛び越したり
瞬間移動とも言える程の速度で移動したり……。
元気なおじいさんである。

吉野屋先生に対しては手を焼いているようだが良い先生である、との発言もしている等
教育者としても立派なものだと思われる。

アニメでの声優はチョー。
そのため、「校チョー」と言われることがある。




主人公であるゆの達が通う高校であるやまぶき高校の校長。
本名は明かされておらず作中でも校長、としか呼ばれない。
顔(頭)が非常に縦長であり宮子などに突っ込まれる事もある。
いつも小刻みに震えている。
アニメ版ではやたら高い運動神経で他を圧倒していた。
一例としては校門の柵を跳び越えた上で道路すら飛び越したり
瞬間移動とも言える程の速度で移動したり……。
元気なおじいさんである。

吉野屋先生に対しては手を焼いているようだが良い先生である、との発言もしている等
教育者としても立派なものだと思われる。

アニメでの声優はチョー。
そのため、「校チョー」と言われることがある。


であるゆの達が通う高校であるやまぶき高校の校長。
本名は明かされておらず作中でも校長、としか呼ばれない。
顔(頭)が非常に縦長であり宮子などに突っ込まれる事もある。
いつも小刻みに震えている。
アニメ版ではやたら高い運動神経で他を圧倒していた。
一例としては校門の柵を跳び越えた上で道路すら飛び越したり
瞬間移動とも言える程の速度で移動したり……。
元気なおじいさんである。

吉野屋先生に対しては手を焼いているようだが良い先生である、との発言もしている等
教育者としても立派なものだと思われる。

アニメでの声優はチョー。
そのため、「校チョー」と言われることがある。
生徒には校長先生と呼ばれているが名前を憶えられておらず、テスト中校長の本名を答えさせる問題では、クラス全員が「モアイ」と回答している。

住所は不明で、活動範囲は学校近辺が主。アニメ第1期第8話では、学校の敷地内を通って買い物先(ベリマート)から帰っている描写があり、その様子を見たゆのと宮子が”校長は学校に住んでいる”と思い込んだ。また、その直後に、買い忘れた醤油を買いに行っているが、再び同じ方向からやってくる描写しかない。このため、行きと帰りで違う道を通っているものと思われる。また、2回目の通過時には吉野屋先生もゆの達と居り、宮子の「校長、学校に住んでるよ」と言う発言に驚いていた。
水泳、短距離走、サッカーなどの運動はそつなくこなす。また独唱や美術科のある学校の校長らしく絵画も上手で、秋には様々なことをしている。

ちなみに作中に登場する老人は皆彼と同じ顔である。