※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

袴田 ひなた(はかまだ ひなた)
袴田ひなたとは『ロウきゅーぶ!』の登場人物でありあり本作品のメインヒロインの一人。

声優は「小倉 唯」

プロフィール
生年月日 3/3
血液型 O
身長 131cm
学校・クラス「慧心学園初等部6年C組」
所属係「飼育係」
二つ名『無垢なる魔性(イノセント・チャーム)』

好物は甘いものとミルク。
成績は良い科目と悪い科目の差が激しく、特に理数系と読解が苦手。

一人称は「ひな」
SNSでのハンドルネームは「ひなた」

呼称は、慧心女バスのメンバーを含めたほとんどの相手のことを名前の平仮名表記で呼ぶ。
但し例外として、昴を「おにいちゃん」と呼ぶ。

美星「みほし」
葵「あおい」
竹中「たけなか」
妹のかげつのことは「かげ」と呼んでいる。

「ひなたへの呼称」
昴「ひなたちゃん」
智花「ひなた」
真帆「ヒナ」
愛莉「ひなちゃん」
紗季、美星「ひな」
かげつには「お姉さま」と呼ばれる。

アニメでのゼッケンナンバーは8。
他の4人はスパッツを着用しているが、彼女のみ赤いブルマーを着用している。
2011年9月に行われた、電撃オンラインによるキャラクター人気投票では第2位(おー、おにいちゃんたちありがと~)

人物像
慧心学園初等部女子ミニバスケットボール部の部員の1人。
小学6年生としては小柄でウェーブのロングヘアーと、まるでフランス人形のような容姿をしている。

性格はマイペースでやや天然。
口調もどこかあどけなさが残っている(原作、および漫画版では、ひなたの台詞はほとんどがひらがな表記になっている)

その容姿と、保護欲をかき立てるマイペースでやや天然な性格、恋愛感情等どこ吹く風と言う純朴さからクラスの男子の半数が彼女に好意を持っている。
(その中には男子バスケ部のエースである竹中夏陽も含まれている)と噂される程の人気だが、当の本人は色恋沙汰とは無縁の純朴さを持つ。

以上、それらのことから『無垢なる魔性(イノセント・チャーム)』の二つ名を持つ。
長谷川昴もこの「無垢なる魔性」には翻弄されることが多い。

5年生までは食べ物の好き嫌いが多かったが(真帆には以前怖い先生が担任だった時に給食で苦手な食べ物を食べてもらった恩があることから、彼女にバスケ部に勧誘された際は入部を快く了承した経緯がある)
徐々に克服しつつあり6年生になってからは夏休み中に苦手だったネギもとろろと一緒なら食べられるようになっている。

胸囲の発育は部内序列第二位(但し、小6女子では平均的)ある意味隠れロリ巨乳と言えるかもしれない。

台詞の最初に「おー」と付けるのが特徴だが、これは真帆が「おー! ってやればなんかたのしくなる」と言ったため。
ただし、機嫌が悪くなると「ぶー」に変わる。

昴の事を当初から「おにーちゃん」と呼び甘えているが、昴が沈んでいるときは元気づけている。
真帆とコンビを組むことが多く、飼育係なども一緒にやっている。

時々無自覚に際どい発言をすることが多々あり紗季から注意を受けているが本人は余り気にしていない。

バスケットボール選手としての能力
バスケの経験はなく、しかも元々運動はそんなに得意ではないこともあり、当初は少々のランニングですぐに疲れてしまう程だった。
第1巻の、男女バスケ部対抗戦前の練習では元来運動は苦手で、当初は基礎体力不足のため練習について行けなかった(体力が無かった事と練習期間が足りなかった事もあり、体力を少しでも付けるための走り込みと、夏陽を止める為のファウルトラップの動作のみを練習していた)

男バス戦では夏陽に対して彼の恋心を逆手に取ったファウルトラップを仕掛ける役割にとどまっている。
その一方で「みんなといっしょがいい」「ひなだけへたくそだとみんなが楽しめない」という思いから、女バスのみんなに追いつこうと必死に努力する頑張り屋さんでありる。

しかし、他のメンバーよりも運動能力が劣ることを自覚しており、必死に追いつこうと自主練習に励む努力家の一面を持つ。
当初はシュートがゴールに届かなかったが、大会前の合宿で竹中からシュートの基礎動作を学んでからは次第に決まり始め、夏合宿の頃にはミドルシュートも決められるようになり、次々とバスケの技術を身につけていくようになる。

第4巻以降のポジションはスモールフォワード。


毎朝行う走りこみの成果もあって基礎体力はかなり向上しており、最大の懸念点だった体力面も、第5巻の「トライアスロン・リレー」の5km持久走では自らの体力を理解の上で巧みにペースを調整して完走、妹のかげつを僅差で上回り勝利した。
その成長ぶりは昴からもアスリートであると認められている。

6月の葵戦後はフォワードとしての技巧を磨き、身長の低さを活かした地を這うような低いドリブルと、優れたバランス感覚によるトリッキーなプレイとボスハンドからのリバースショットショットを身につけ、普段の天然さと相まって、相手の予測を常に裏切り続ける不思議な動きをし「ナチュラルボーンのトリックスター」と評されている。

試合中に相手のマークが外れてフリーになることが多く、相手チームの隙をついてシュートを決める事が多い。
またかげつの身体能力や体格がセンターに適していると見抜抜き、愛莉から普段行っている練習メニューを聞いて指導し、基礎レベルながらも短期間で愛莉と渡り合える選手として育て上げていることからコーチとしても非凡な才能を持っていると思われる。