※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Albertine(あるべるてぃーね)

落書きの魔女(未登場)
その性質は無知。
かくれんぼが大好き。
けれど彼女の手下達はあまり賢くないため誰も彼女のことを探してくれない。

第5話で登場した使い魔・Anjaの親の魔女。
登場しなかったため、魔女図鑑にその姿を見せることはなかった。

公式ガイドブックにも登場せず「未登場です」としか記述がなかったことから、設定画自体が存在しなかった可能性がある。
初期案では、使い魔であるAnjaが魔女と呼称されている。
決定稿でも魔女の結界にはAnjaの名が刻まれていた。
当初魔女としてデザインされていたAnjaがシナリオの都合上使い魔に格下げされたために、親の魔女のデザインが存在しなかったものと推測される。

魔法少女まどか☆マギカ ポータブル
アニメ放送終了から約1年後に発売された『魔法少女まどか☆マギカ ポータブル』では新たに彼女の姿が描き下ろされた。
使い魔から魔女になったもので、金髪を左右に分けた少女のような姿。
ストーリーモードには登場せず3つ目の謎の魔女結界である「愚者の結界」の最終層である20層目に登場する。
結界内はおもちゃが散乱したような世界で、自らは直接攻撃せず地面に落書きをして使い魔を召喚する。
ある程度攻撃すると泣いて攻撃不能にするという地味にやっかいな奴である。
隠れてHPを回復するが攻撃されると姿を現す。