※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Anthony(あんそにー)

魔女の手下。
その役割は造園。
おヒゲは魔女にセットしてもらう(公式サイトより)

名前は公式の読みは不明であり、英語発音のアンソニーと表記する(英語の男性名)
ラテン語で「計り知れないほど貴重な」を意味する。
ちなみにドイツ語ではAntony(アントニー)と綴る。
親の魔女はGertrud
同じ使い魔にAdelbertがいる。

    本編       
第1話で初登場。
初めて結界に迷い込んだ鹿目まどか達を歌で歓迎した使い魔。
武器は手入れに使うハサミ。

外見はヒゲが付いており丸い綿のような頭から、細長い体と腕が生えている。
下半身は蝶になっていて、歩く時も羽で歩く。
普段は見えないが、頭に青紫色の唇と真っ黒な目を持っており目を開くとかなり怖い容姿である…。
劇団イヌカレー曰わく「可愛い」とのこと。

まどかとさやかを助けにきた巴マミによって殲滅された。
倒された際には、頭と体が消え、蝶だけとなって上に飛んでいく。

劇中での行動は、マミによって薔薇が攻撃されたさいに、薔薇を見て右往左往する。
頭を抱えて走ってたり、それをほかのやつが追いかけて走って行く。
リボンによって上に持ち上げられた薔薇を頑張って追いかけるなどなど、行動が可愛らしいという声もある。

第12話で再登場した。
鹿目まどかになでられた後、無数の蝶となって消えていった。
ちなみにスタッフのお気に入りらしい(後述↓)

劇中でのアンソニー達の歌  
第1話に、まどか さやかの2人を取り囲んだAnthonyが一斉に歌を歌うシーンがある。
これを手がかりの一つとして、4chan有志によりまどか文字の解読が進められAnthony達の歌はドイツ語であり、同時に浮かび上がる魔女文字も同じ文言であるという推定、及び結界内に存在するファウストの引用とみられる文言が「ロゼッタ・ストーン」となったのである。
魔女の結界内まとめ(ニコ動)3:30のあたりからがそのシーンである。
以下は公式ガイドブック掲載の設定資料より引用(翻訳:岩城潤子氏)
Das sind mir unbekannte Blumen.(見たことのない花だ。)

Ja, sie sind mir auch unbekannt.(見たことのない花だねぇ。)

Schneiden wir sie ab?(チョン切ってしまおうか。)

Ja, schneiden wir sie ab.(チョン切ってしまおうね。)

Die Rosen schenken wir unserer K口nigin.(薔薇は僕らの女王様へ。)

Und die schlechten Blumen steigen auf die Guillotine.(悪いお花はギロチン送り。)

Ja, schneide sie ab!(ヤァ! チョンと切れ。)

Ja, schneide sie heraus!(ヤァ! 切り落とせ。)

と、かなり怖い内容の歌である。

  Anthonyの人気     
初登場の第1話段階では名前が存在するか不明であったため「ヒゲ」「プリングルス」などの名称で呼ばれていた。
オーディオコメンタリーでは、声優陣から「ヒゲおじさん」と呼ばれていた。
見た目に可愛らしいことから、親の魔女が存在する使い魔の中では、単独で描かれている率が高めでありスタッフお気に入りの使い魔である。
12話で使い魔の代表として再登場したのもそのためと思われる。
DVD/BD1巻のオーディオコメンタリーでは、声優陣たちにも好評の使い魔である。

劇場版公開に合わせて、Anthonyのクリップが関連グッズとして発売された。