※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ULLA(うら)

暗闇の魔女の手下。
その役割は夢。
あらゆるものに姿を変化させ漆黒の闇の中に魔女の望みを描き出す。
暗闇の中では強大な力を誇るが、街灯や月明かり程度のわずかな光があればその力を半減できる。(公式サイトより)

暗闇の魔女Suleika(本編未登場)の使い魔。

    本編       
第3話冒頭にて、巴マミのティロ・フィナーレを受けて瞬殺される。
その後、巴マミから使い魔は「グリーフシードを落とさない」ことが説明された。

公式ガイドブックの劇団イヌカレーコメントでコンテ段階ではもっと戦闘シーンが長かったものの、全体尺の都合でカットになったとのこと。
イメージ画では、エッシャー風に変形したジャングルジムの上に佇むUllaと親の魔女Suleikaのイラストがみられる。
本来ならば前述の結界で戦うはずだったのかもしれない。
また第3話のイメージ画に描かれている手下はまったく違う姿をしていた。
夜空に映る白っぽい影のような使い魔で、ずっとリピートダンスをしているとの解説があった。


魔法少女まどか☆マギカポータブルでは未登場。
劇場版(前編)始まりの物語では尺の都合上、本来登場するはずのシーンはカットされた。