※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『博麗 霊夢(はくれい れいむ)』とはZUN(通称「神主」)制作の弾幕STG「東方Project」のほとんどの作品における主人公。

   概要       
幻想郷の結界の管理と妖怪退治を生業とする、幻想郷と外の世界の境にある、博麗神社に住んでいる巫女である。
Windows版以降で採用されているスペルカードルールを制定したのも博麗霊夢である。
東方Project作品において「東方香霖堂」「東方文花帖」「ダブルスポイラー」「妖精大戦争」以外の作品で主人公を務めている(文花帖は、書籍、おまけ.txtのみ出演)

ちなみに、1作目から5作目までの作品(東方旧作『PC-98版』)で登場する霊夢は、名称が『博麗靈夢』と異なっており「霊」の字が違っている。
そのため、二次創作において「霊夢」というと6作目、紅魔郷以降のWindows版の霊夢を指す場合が多い。
本項では現「博麗霊夢」を紹介する。

東方Projectの「東方文花帖」「ダブルスポイラー」「妖精大戦争〜東方三月精」を除く全てのシリーズ作品で、主人公もしくはそれに準ずる自機として登場。
自機及びボスとして同時出演している作品もある(東方幻想郷、東方永夜抄、東方萃夢想、東方緋想天)
おまけ.txtを含むなら「文花帖」にも出ており「ダブルスポイラー」では自機ではないがLvEXの被写体として登場。

特徴、年齢、など
頭の大きなリボンがトレードマーク。
黒髪に赤いリボン、顔の両脇に髪を一総まとめて赤い髪飾りを付けている。
髪型も作品ごとに異なるため、ストレート/ウェーブ、ロング/ショートなど描く人の好みに委ねられる。

作品ごとに細かな衣装は異なるが「紅白巫女」と呼ばれるだけあって、赤と白の巫女装束。
「袖が無く、肩や腋の露出した赤い巫女服(彼女自身が別途袖を腕に着けている模様)」
この巫女衣装は袖が分離した、腋が露出する巫女姿から「腋巫女」とファンから呼ばれることもある。
これらの衣服や道具(お払い棒など)と共に森近霖之助に作ってもらっている。
服の意匠が霖之助と霊夢のどちらによるものなのかは不明。

身長は、成長期の10代前半の少女として身長はやや高いグループ。
ZUNによれば年齢を言うと成長させなければならないため、明確な年齢は言っていない。

「三月精」にて箸を左手に持っており、枠外に左利きだと記載されている(単行本では削除)
「地霊殿」では右手にペンを持っていた。
このため実際は両利き、あるいは文字などは右手で書く習慣にしているのでは?と考えられる。

性格は単純だが裏表が無い。
喜怒哀楽が激しく人間、妖怪を問わず惹き付ける不思議な雰囲気の持ち主。
全ての物事に対し、一生懸命取り組むことを嫌う(努力が報われることなど信じていないからである)
人知れず努力を重ねて能力を獲得している霧雨魔理沙とは対照的。

ちなみに博麗神社は人の訪れない辺境にあり、また霊夢の周りにはたびたび強力な妖怪がたむろしているため滅多に参拝者が来ず、賽銭も乏しい。

テーマ曲
旧作
『東方夢時空』
・「東方妖恋談」

『東方幻想郷』
・「Witching Dream」(1面道中曲だが、霊夢のテーマとして作られている(神主コメ)
・「少女綺想曲〜Capriccio」

『秋霜玉(西方Project)』
・「二色蓮花蝶〜Ancients」
『蓬莱人形〜Dolls in Pseudo Paradise 収録』
・「二色蓮花蝶〜Red and White」
『東方永夜抄』
・「少女綺想曲〜Dream Battle」
『東方萃夢想、緋想天、非想天則』
・「東方妖恋談(アレンジ/あきやまうに)」
『東方萃夢想』
・「少女綺想曲〜Capriccio(アレンジ)」
『東方花映塚』
・『春色小径〜Colorful Path』
『東方非想天則』
・「二色蓮花蝶〜Ancients (アレンジ/あきやまうに)」

二つ名
・博麗神社の巫女さん(紅魔郷)
・永遠の巫女(紅魔館 おまけ.txt)
・楽園の素敵な巫女(妖々夢.萃夢想.永夜抄.花映塚)
・楽園の巫女(求聞史紀.風神録.地霊殿.星蓮船)
・快晴の巫女
・自由奔放な人間(茨歌仙)
・五欲の巫女(神霊廟)
・楽園の素敵なシャーマン(鈴奈庵)

能力
・能力 †
・「主に空を飛ぶ程度の能力」(妖々夢.永夜抄.花映塚.風神録.地霊殿.星蓮船.神霊廟)

・「空を飛ぶ程度の能力」(紅魔郷、求聞史紀)
当時の靈夢は「空を飛ぶ程度の能力」を持たないため、玄爺という名の老亀に乗って飛ぶ。

・「霊気を操る程度の能力」(紅魔郷 おまけ.txt 空を飛ぶ程度の能力と併記)
旧作付属のtxtによると、霊夢は生まれ付き霊力があり、霊撃は霊力の放出による。

夢想天生(むそうてんせい)
「色々と究極の奥義。
霊夢はありとあらゆるものから宙に浮き無敵となる。
これが遊び(時間制限付き)でなければ、誰も勝つことが出来ない。」
スペルカードの説明にもあるように霊夢に攻撃は一切当たらない(まさに無敵技)
この技が「幻想郷の最強キャラは誰か」という質問に神主は「霊夢じゃないかな」と答えた理由ではないかともいわれる(風神録 以前の発言)

種族
・人間

呼称
大抵は「霊夢」と名前で呼ばれる(諏訪子とかからも普通に「霊夢」って呼ばれている)
状況次第で「巫女」と呼ばれたりする(霊夢を「巫女」と呼ばないのは魔理沙くらいかもしれない)

  スペルカード    
博麗 霊夢の項目に記載。

  概要2       
第1作「東方靈異伝」には、もう一人の主人公である「霧雨 魔理沙」が居なかったため、霊夢は登場回数最多を誇る東方の看板キャラクターである。
しかし「妖精大戦争〜東方三月精」では魔理沙がおまけボス(Exボス)として登場するのに対し、霊夢は数あるエンディングの一つに出てくるだけと、特に目立った出番はないので登場回数では魔理沙と並ぶ。
ちなみにゲームのアイコン役は魔理沙が担当し、ゲームタイトル画面は霊夢が担当している。

普段は暢気であり幻想郷の端っこから、幻想郷の空を見つめつつ、お茶でも飲むのが日課である。
他の人や妖怪に対しても平等に興味は無いが、妖怪退治が仕事である為、異変解決の仕事中は立ち塞がる者「妖怪はもちろん、人間や神様、宇宙人」であっても霊夢は関係なく退治してしまう。

異変中に出くわした通りすがりの妖怪や妖精も退治してしまう。
その姿勢のためか特に力の強い妖怪に好かれやすく、弱い妖怪や妖精からは恐れられる。
霊夢自身は人間にも妖怪にもさほど興味はない。
『誰に対しても仲間として見ない。
周りに沢山人間や妖怪が居たり、一緒に行動を行っても、常に自分一人である。
実は冷たい人間なのかも知れない』との設定がある(永夜抄キャラ設定.txtより)

森近霖之助の視点では、霧雨魔理沙と仲が良い。
一方で、魔理沙とは現時点まで原作中で共闘した事がない。
「儚月抄」で綿月依姫と対峙した時も、味方の霧雨魔理沙、レミリア・スカーレット、十六夜咲夜と協調しなかった。
添付ファイル