※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『紅 美鈴(ほん めいりん)』とはZUN制作の弾幕STG「東方Project」のキャラクターである。

   概要       
初出は東方紅魔郷3面ボスで登場。
以降、複数の作品、東方文花帖、東方萃夢想にもパッチを当てれば使用可能(台詞はあるもののストーリーは無し)
東方非想天則にして主人公として使用できるようになった。
紅魔郷から8年もの歳月を経て、萃夢想から5年の快挙である。

紅魔館主である「レミリア・スカーレット」に仕え紅魔館で門番を務めている中華風の妖怪。
具体的には判明していないが種族は妖怪であるが、どういった種類の妖怪かは不明。
ちなみに妖怪なので年齢も不詳。
神主(ZUN氏)にも名前を忘れられるという超不憫なキャラであるが、その事が二次設定にも影響を与えており彼女が登場する二次創作も多い。
また第2回東方最萌トーナメントの優勝者でもある。

本人曰く、番人してるだけの普通の人。
門番として紅魔館に不法侵入者を撃退するために戦い、遠慮なく攻撃してくるようだが、その場合も謝って退散すれば見逃してくれる。
それとは別に武術の達人である事により、武術家としも有名で武術の試合を申し込まれることも多く紅魔館の主、レミリアも試合の観戦を楽しんでいるらしい。

弱点らしい弱点はないらしく能力特化型ではない、いわゆる万能型の妖怪であるため、ある程度以上の妖怪に対してはあまり強い方ではないが人間が彼女と戦うとなると死角が無いために相当手強い相手。
ちなみに人間でも武術の達人であれば美鈴と勝負にはなるようだが、やはり人間と妖怪の差からくる能力差等により、美鈴に勝つ事は非常に難しい。
人間が彼女に勝つためには人間代表である「博麗 霊夢」「霧雨 魔理沙」のように強力な能力を持つか、何らかのルールを定めて闘わないとまず勝てない。

『求聞史紀』に記された情報では、彼女の日課は朝には太極拳を舞い、昼には昼寝をしている姿が目撃されていたりと、暢気さを感じさせるエピソードが多い(『儚月抄』では、紅魔館に八意永琳や鈴仙・優曇華院・イナバが忍び込んだときにも昼寝をしていたらしい。)
門番以外にも色々と仕事を任されているらしく『三月精 第2部』第8話では紅魔館敷地内の見回りも行なっている。
東方文花帖(書籍)の記述によると紅魔館の花畑の管理も任されているようで「パチュリー・ノーレッジ」が花畑に作ったミステリーサークルの対応に苦慮している様子が描かれている。

妖怪の割には穏やかなエピソードが多く、紅魔館でしっかりした衣食住が保障されてるためか性格は穏和で、話しかけても普通に世間話をしたり愚痴を聞かされたりするという事から危険な妖怪ではなく紅魔館への不法侵入を試みたり喧嘩を売ったりしなければ襲ってくることはない。
人間とも親しく話すこともあったりと、一般人からの紅魔館のイメージアップにも貢献している。

また、メイドである十六夜咲夜に対して丁寧語で喋り、向こうはタメ口という描写が公式でもよくあるが、門番とメイドの上下関係についての公式見解は無いので、口調は単に彼女の生真面目な性格の現れとも取れる。
ただし、常に敬語を用いて話すような性格かというと、原作の会話からはそうでもないらしいことがうかがえる。
相手への呼称は、レミリアを「お嬢様」
パチュリーは「パチュリー様」
咲夜は「咲夜さん」

『東方萃夢想』では黄昏フロンティア配布の追加パッチを適用した状態で条件を満たすと使用可能になる。
登場した際には、武術の達人らしい独特のコンボシステムや高性能な近接戦闘用スペルカードを装備していたが、攻撃力不足、射撃が不得意なため接近が難しいこともあって弱キャラとなった。

『東方非想天則』では最初から自機でありストーリーモードが存在し主役の一人に抜擢され「太歳星君の影」を名乗る大ナマズと戦う。
その際に性能や挙動に大きな変更が加えられ接近戦性能は高く火力も上方修正されたものの、射撃性能や固め等の点にやや難がありだが、全体的な自機性能はかなり向上した。

特徴、年齢、など
チャイナドレスっぽい淡い緑色を主体とした民族風の衣装に身を包み、帽子に付いた星には「龍」の文字が刻まれている。
髪は赤く腰まで伸ばしたストレートヘアー。
側頭部を編み上げてリボンを付けて垂らしている。
目の色は青がかった灰色。
身長は「高」
紅魔郷ではスリットの下には下穿きも何もなく、脚線美をドット絵でそれとなく披露していた。
しかし萃夢想や非想天則では白い下穿きを穿いる。

テーマ曲
『東方紅魔郷』
・「明治十七年の上海アリス」

『東方非想天則』
・「上海紅茶館〜Chinese Tea(アレンジ)」

二つ名
・華人小娘(紅魔郷、萃夢想、求聞史紀、非想天則)

・色鮮やかに虹色な門番(東方文花帖)

能力
・気を使う程度の能力(紅魔郷、求聞史紀)
体内のエネルギーを目に見える形にする能力。
要するにオーラといった類の武術における『気』のことであり「気を使う」と言っても「気配り」とかそういった意味の気ではない。

種族
・中国人風の妖怪

呼称
紅魔館の住人には基本的「美鈴」

  スペルカード    
紅 美鈴の項目に記載。

  二次設定