※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

赤座 あかり(あかざ あかり)とは『ゆるゆり』の主人公。

声優は「三上 枝織」

プロフィール
13歳の中学1年生。

7月24日生まれ
身長153cm
血液型はA型。

赤いショートヘアを、左右二つのお団子に結っている少女。
目の色は紫。

一人称は「あかり」
(自己紹介や初対面の人との会話の時などでは『私』)

学年が一つ上の京子と結衣とは、昔からの親友。
あかねという姉がいる。

本人曰く「おっちょこちょいだけど元気印の女の子」らしい。
周囲からは陰ながら人を支える気遣いと優しさが評価されている。
また、成績が良かったり絵画や粘土細工が上手だったりと、色々そつなくこなせるハイスペックな一面も。
時折見せる謎ポーズには定評がある。

作品冒頭では主人公のように登場したものの、良い子さ故か周りから空気キャラ扱いされることもしばしばあり、特に京子絡みだと悪意はないとはいえ出番を奪われたり、あかりの前に立ったりと悲惨な目に遭わされることが多い(アニメ版では特に顕著しており彼女の一番の出番であるタイトルコールを面白いからという理由で何度か邪魔している)
本人も自分が目立たない存在であると思い込んでおり気にしているが、作中では本人の意に反して存在感の薄さが強調されるようになっていく。


同じ学校に通う1学年上の歳納京子、船見結衣とは中学入学前から仲が良く、二人が所属しているごらく部にもすぐに入部した。
吉川ちなつとは同級生で同じクラス。
姉がいるが、姉は頑なに部屋の中に入れさせてくれない。
影が薄く、そのことを周囲から指摘され、本人もそれを気にしている。

本人は七夕のお願いごとに「出番が増えますように」と書いたが、単行本の表紙ではちなつの髪に隠れたり、帯で隠れる位置に描かれたりと散々な扱いを受けている。
アニメ化してからは広告や店頭のコーナー等でも影に隠されたりしている。

女の子同士の恋愛感情には疎く、そうした人間関係からは外れた位置にいる。
しかし作中では練習と称してちなつにファーストキスを奪われた。
セカンドは千歳。


あかりって主人公だよね?

\アッカリ〜ン/