※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ルフレ(デフォルト名)
『ファイアーエムブレム覚醒』に登場するプレイヤーの分身となるもう一人の主人公。
記憶を失い行き倒れていた所をクロムとリズに拾われた軍師見習い。

担当声優は「細谷 佳正、大川 透(男性)
沢城 みゆき(男性、女性 両方)」

誕生日はプレイヤーが設定。
軍の中で一番、謎が多い。
主人公なので死亡するとクロムと同様にゲームオーバーとなる。

    概要     
初期クラスは戦術師。
性別、声優、タイプ、髪、髪色、口調、名前、誕生日、得意&苦手ステータスを自由に選べる。
性別は元より3種類のタイプから、少年少女〜青年、ゴツイあんちゃん、大人のお姉さんまで幅が広く選べる。
初期設定の得意&苦手ステータスは成長率と上限に影響し、髪色は男性の場合はマーク以外の子供に影響する。
上述のように性別、容姿などを自由に設定できるため、ゲーム中のムービーではローブのフードを目深にかぶって顔が見えないようになっている。
また、特殊兵種と性別限定職以外の全ての職業に就くことが可能となっており、数多くのスキルを取得することが可能。

さらに全キャラと支援を結ぶことが可能で、本来子供がいないキャラも含め、全ての異性と結婚ができる唯一のキャラクター(まさに一級フラグ建築士)
ただし、自身の専用の子供であるマークとは絶対に結婚することはできない(マーク以外の自分の子供とも当然、結婚することはできない)
記憶を無くしてはいるが支援会話や本編でのイベントを見ると非常に知的である面がみられ、常に無数の戦術書を読み軍師として努力している。
基本的には魔法を使って戦うが、フレデリクから剣術を習っておりイーリスの剣技を扱う。

フレデリクやリズが嫌がった熊肉でも余裕で食べる事が出来き、支援会話では基本的に相手の話を聞くような立場にいることが多いが、フレデリクの事をフレデ肉と呼ぶなど毒舌な面もある(インバースには「おばちゃん」と言いかけたりもする)
ドニとの支援会話では少し抜けているところがあるらしい(本人談)

一方で料理の腕前は微妙なのか、見た目はともかく「鋼の味がする」とのこと。
ちなみに料理の腕が下手というのは前作である「新・紋章の謎のマイユニットである、クリス」の設定でもある(鋼の味がする、というのも同様)
しかし、ノノやンンなど一部のキャラクターとの支援会話では相応の料理は作れるらしい。
チキによれば2000年前の「英雄王マルス」に子孫であるクロムよりも雰囲気が似ているらしい。
また、本作では相手のステータスを数値化して見ることができるのはマイユニットの特殊能力となっている。

ユニットととしての能力
種族限定職、踊り子、ロード系を除くあらゆる兵種へクラスチェンジ可能でありどんな戦い方もこなせる。
ほとんどの兵種にクラスチェンジ可能というルフレの強みは子どもにも活かされる為、マークはもちろんのこと、マークに兄姉が出来る組合せであればそのユニットもクラスチェンジできる職が多くなり有利である。
また、ルフレがベルベット、シャンブレーのどちらかと結婚すればマークはタグエルになれる。
チキ、ノノ、ンンのいずれかと結婚すればマークはマムクートになる。
クラスチェンジ可能な職業が増えるメリットはあるが、常に「獣系、竜系」の弱点が付くのがデメリットもある。

ユニットとしては初期職である戦術師からも分かるように力、魔力共に成長していき、最初に選んだ苦手な能力以外は満遍なく伸びる(苦手な能力も決して伸びないわけではない)為、どのような兵種に就いたとしても相応に戦う事が出来、使い勝手の良さは全キャラ中トップと言っても良い。
力と魔力がともに増えることから神軍師で習得すり『華炎』のスキルと相性がいい。
女性であればダークペガサスにクラスチェンジでき、スキルとして強力な『疾風迅雷』が習得可能。

前述のとおり男女共に他のキャラでは結婚できない組合わせも可能なので男性ならインバースと結婚すると娘のマークに『暗闇の加護』を継承させることができる。
女性であればクロムと結婚することでマークに『王の器』をヴァルハルトと結婚すれば『覇王』を息子のマークに継承させる事が出来る。
※踊り子、ロード、オーバーロード、魔戦士、花嫁といった兵種の遺伝はされない※

どちらの性別にもそれぞれメリットがあるため周回プレイをするなら異なる性別にするのも面白いかもしれない。
ちなみに男ルフレの場合ルキナと、女ルフレの場合クロムと結婚していると終盤のイベントが少しだけ変化する(但し、別にストーリー展開に違いは無い)

 本編でのルフレ  
冒頭で記憶を失くし行き倒れていた所をクロムとリズに救われ近くの街が山賊に襲われている所にクロム達に協力を申し出て見事山賊を撃破し、軍師の才を買われクロムにイーリス自警団の軍師に誘われ、行動を共にし後の戦乱へと身を投じる事となる。
ルフレの正体はギムレー教団の教主ファウダーの子供であり、教団の長年の夢であったギムレーの器。
教主ファウダーと教団の一員であった女性との間に生まれた教団待望のギムレーの器だが、我が子に情を抱き教団を裏切った母親によって赤ん坊の時に教団から連れ出されていた。
右手の甲に聖痕を持っているのは、ギムレーの血を継いでいるためだと思われる。
ルキナ達が来た絶望の未来では既にギムレーとなっており、マイユニットと同じ姿でルキナ達を追って現代に来ている。

時空転移の影響でギムレーから魂の一部が分離し、その時代のルフレに憑依する。
本編冒頭でクロムを手に掛ける光景を見たり、彼の名前を知っていたのはこの為。
そこで流れこんだ記憶とルキナの発言によりバジーリオが生存し、さらに世界の運命が変わる。
ギムレーの血により一度は操られるも、死んだと思われたバジーリオが偽の宝玉を用意することで炎の台座(ファイアーエムブレム)を不完全な状態にし、その結果、無事に自我を取り戻しクロムの半身として支え続けることができた。

その後、ギムレーに直接取り込まれた時もクロムや仲間達との絆により復帰し、仲間たちと共に最後の戦いに挑む。
ギムレーとは同一人物である為、自ら命を絶たなければ死ぬことがないギムレーを唯一殺すことができる人物であり、ギムレーを倒した最終局面では自らギムレーにトドメをさしギムレーを永遠に消滅させるか、クロムにトドメをさしてもらい封印してもらうかの選択を迫られることになる。

ちなみにギムレー=ルフレという関係上終章のボスの外見はルフレと同じであったりする(但しクラスはギムレーであり武器も邪竜のブレスとなっている)