※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「エタルド」
女神アスタルテの加護のついた、ラグネルと全く同じ性能を持つ直間両用の神剣。

  蒼炎の軌跡    
威力18
命中80
必殺5
重さ20
射程1〜2
武器LV★
耐久∞
「漆黒の騎士専用、守備+5。」

ラグネルとは対の存在。

ラグネルとの違いは刀身の色でエタルドは銀色となっている。
エタルド、ラグネル、グルグラントは戦闘に入る前の必殺率を0にする効果がある。
ただし怒りによる必殺は戦闘中に必殺率が上昇するため無効化できない。

このエタルドが猛威を振るうのは11章からであり、群がる敵兵を倒し、到達地点に立ちふさがる敵将「マッコヤー」と戦闘した直後、突然マップの何の変哲も無い民家から、アイクの父親グレイルの仇である漆黒の騎士その人が現れる。
プレイヤーが何が起こったのか理解できないまま、彼は出現した直後のターンから動き出し、運悪く近くにいた自軍ユニットを一撃で葬り去っていった…
(ちなみに、出現したターンに行動してくるのはゲーム中で漆黒の騎士のみ)

これが後にファイアーエムブレムの伝説のイベントである「しっこくハウス」としてエムブレマー達に語り継がれていくのである。
また、運よく最初のターンにやられなかった、もしくはリセットしてやり直したプレイヤーは、ラスボスのアシュナード並みに高いステータス、専用武器の性能にリセットが続出したという。

ちなみにこの時アイクが戦闘すると戦闘前会話が見ることができるがスキル『祈り』を付けていない限り間違いなく切り殺されてしまう。

第27章「宿命の刻」ではミストで攻撃を仕掛けると戦闘前会話を見ることができる(もちろん、女神の祝福効果によりダメージは与えられない上、ミストが死んでしまう)

   暁の女神   
武器LVSS
耐久∞
威力18
命中80
必殺5
重さ20
射程1〜2
「守備+5」

さらに暁でもこの効果はない。
暁では後半(第四部・終章-2 クリア後)漆黒の騎士の死後自軍装備として入手できる。
漆黒の騎士(ゼルギウス)が扱っていたが武器レベルが足りていれば男女問わず誰でも装備可能。