※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

平沢唯(ひらさわ ゆい)
平沢唯とは『けいおん!』の主人公で「かわ唯」のである。

声優は「豊崎 愛生」

11月27日生まれ。
射手座。
身長 156cm
体重 50kg
血液型O型。
イメージカラー「赤」

家族は非常に夫婦仲の良い両親と、非常に姉思いの妹「憂」を持つ。
髪型以外容姿が瓜二つだが、胸は唯の方が小さい(髪を解くと憂と瓜二つ)

髪は茶色のセミロングで、右の前髪を黄色のヘアピンで留めている。
瞳は茶色。
冬季制服姿では、スカートの下に黒いストッキングを履く。
家では「ハネムーン」「いなかの米」等といったでと何かしら言葉がプリントされてるTシャツ をよく着ており「そんなもんどこで売ってるんだ!」と問いかけたくなるぐらいの強烈な個性を存分に発揮している。

明るく無邪気でおっちょこちょいな天然ドジっ子でお調子者。
普段はのんびり屋だが好奇心は旺盛で、興味を抱いた事柄にはとことんのめり込む一面も持つ。

人懐っこい性格で、軽音部員以外のクラスメイト達とも良好な関係を築いている。

暑さ、寒さに弱いくクーラーをつけると体調を崩してしまう(原作コミックより)

リードギターおよびボーカル担当。

桜が丘高校入学後中々やりたいことが見つからずに過ごしていたが、軽音楽部に入る。入ったきっかけは「軽音楽部」を「軽い音楽と書くから簡単なことしかやらない」と思い込んでたからである(もっとも、現実にも吹奏楽部を『水槽学部』と勘違いして入部する天然な人もいる位なので、この程度は致し方無いのかもしれない)

それまでは部活動に入った経験がなかく、演奏できる楽器はカスタネットだけで、楽譜も読めない初心者であったが、その後本来の活動内容を知って不安になり、一度は辞退するつもりで部室に赴くも、そこで澪と律と紬の演奏を聴き、これなら自分にもできると思い入部した。
入部後ギターをやることとなる。

使用楽器は一目で気に入ったギブソン レスポール・スタンダード。
原作では14万8000円のところなのだが、楽器店が琴吹紬の実家企業のグループ傘下であったため、そのコネで5万円で購入できた。
とはいえ、月5000円のお小遣いの彼女から考えるとかなりの大きな買い物であるため、お金は全額母親からの前借りである。
唯はこれを「ギー太」と名付けて添い寝をしたり等してとても可愛がっている。
(アニメでは25万円の旧スタンダードを購入)
一部で旧式のスタンダードが現品限りで25万円というのは高いという指摘がある。


集中力を一つのことにしか発揮できないタイプらしく、そのせいか学業は全般的に苦手。
初の中間テストではギターのコード練習に夢中になり過ぎて追試を受けるハメになり、軽音部を早速廃部の危機に陥れた。
生徒は合格点を取るまで部活動を禁じられているが、部員数が4人を切るを切ると部を存続できないため、澪達の特訓を受けた途端に今度は100点を取るなど、一たび真剣に取り組んだ事に対しては目覚ましい成果を挙げる。

もっとも、今度はコードの方を忘れてしまっていたりする。
同じく明朗快活な性格の持ち主である田井中律とは気の合気の合う間柄らしく、二人でよくはしゃいで暴走する。
一学年後、輩の中野梓が入部してからは彼女を溺愛しており「あずにゃん」と呼んでは事あるごとにじゃれついている。

ギターの腕前については、当初は楽譜も読めない全くの初心者であったが、上記のような「一度取り組んだらとことん集中・努力する」性格のおかげか、その後はかなりの上達ぶりを見せている。

ただ、具体的な奏法や用語・コード等の専門知識には現在も疎く、ギターの定期的なメンテナンスが必要な事も知らず弦を錆びさせたりもした。

一方で絶対音感と相対音感の持ち主で自分の耳だけでチューニングを行って梓達を驚かせていた。
ボーカル役は1年次の学園祭ライブに向けて自ら志願。
当初はギターを弾く行為と歌う行為を同時にこなせなかったが、後に顧問の山中さわ子から秘密の猛特訓を受け克服(しかし練習のやり過ぎて喉を枯らしてしまい、結局この時は澪がメインボーカルを務めることとなった)

後に、「U&I」「ごはんはおかず」等の一部の楽曲について作詞も務める。

よく誤解されるが実はそこまでアホの子ではなく「うんたん」「うふふふーあはははー」「あ~い~す~」等々、そのダメな子っぷりを象徴するシーンの多い唯だが、実はこれらは実際に唯が行ったものではなく、他のメンバー達による回想や想像・妄想の中の出来事であることが多い。

例→「うんたん」
第一話で和に何の楽器が出来るのか訊かれた唯が「カスタネット」と答えた直後に、唯もしくは和の脳内でカスタネットを叩く唯を想像したシーン。

「うふふふーあはははー」→第三話で再試に備えて自宅で勉強する唯を心配した他の部員3人が、唯が部屋のベッドで転がりスナックをほうばる様子を邪推してしまうシーン。
実際は勉強が全く出来てない予想は当たったものの、さすがにそこまで呑気ではなかった。

「ういーあいすー」「あーいーすー」→第八話でギターに熱中する唯に感心した憂が現在と照らし合わせる形で過去のごろごろ寝転がっている唯を回想したシーン。

上記のことから、本編を知らない人には唯が本編以上にお馬鹿な子だと誤解されることがよく有る。

まあ実際にはちょっぴりお馬鹿な子であることは変わりないのだが、それでも軽音部の一員として彼女なりに日々熱心に努力にしている様子が見て取れる。


両親も同居しているが、何故か作中では殆ど顔を出さず、2期の第20話で、彼女の両親と思わしき人物が学園祭を見に来ている描写がわずかに有る程度であった。
ちなみに原作漫画では最終盤の受験回でようやく最初で最後の登場となった。

余談だが、そのカスタネットをうんたんとリズムを取り叩く様が非常に可愛いく、実際にカスタネットが商品化された。