※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

モンスターズ キャラバンハート 
キャラバンハートの真の黒幕(ラスボス)といえる存在。
全身赤色で頭部にクワガタみたいなツノが生え、左右の目が黒く額と両手の平に目玉を持つ大型のモンスター。

図鑑の説明文によると、究極の力を求めている遥かな時を生きる邪神。
クシャラミ 曰く「ギスヴァーグなんてこれまで一度も聞いたことのない名前」らしく、当然ながら本編ロト3部作でも影も形も見せていないため、出生やその正体は不明。

マガルギに取り憑き、ロトのオーブに触れられない自分に替わりに「何でも願いが叶う」という噂をエサに子供たちにロトのオーブを集めさせ、その力を手に入れようとしていた。

憑りついたマガルギがキーファ達に敗れ、ロトの力を手にする計画に失敗すると、今度はロトのオーブを握るカカロンクシャラミバルバルードメディら4幻魔たちをオーブのダンジョンに閉じ込め、全世界の人々に呪いの病をかけ始める。
ルインの両親やマチュアの彼氏スミスが病に倒れた元凶は、このギスヴァーグの呪いによるものと推測される。

カラーオーブ集めや四精霊たちとの戦いの末、四幻魔たちを救出し受け取ったロトのオーブをロンダルキア西にある祠に再び捧げると、彼の隠れ家が現れ、その奥でギスヴァーグ本体と戦う事になる。

HPは「30000」
特技は「ギガデイン、バイキルト、ザキ、猛毒の霧」を使う。
特に厄介なのがバイキルト。
キャラバンハートには「凍てつく波動」が無いので、バイキルトを解除することが出来ない。
時間経過による解除もなく、こうなると通常攻撃が凄まじい破壊力を持つようになり耐えるにはHPは最低700以上は必要。

他の特技も厄介で、真のラスボスにふさわしい強敵。
凍てつく波動が無いのは相手も同じなのでバイキルトやスクルトを有効活用して戦おう。

ギスヴァーグを倒せば二度目のEDとなる。
ギスヴァーグ撃破後に火、水、地、風の精霊を8ターン以内に撃破しそれぞれ「炎、水、大地、風のオーブに」のオーブをスライムランドの祠に捧げると行けるダンジョンの最深部にギスヴァーグが居る。
ここで15ターン以内に倒せばギスヴァーグの心を落とす。
ギスヴァーグの心は『マスタードラゴン』に転身するために必要なので、30000もの莫大なHPを削るには「マスター剣士やマスター戦士」が絶対必要である。

ギスヴァーグを転身で仲間にすることも出来き『ドメディ』に「ワルぼうの心×ドラゴンマシンの心」で誕生する。
エレメント系のSランクであり、エレメント系の転身の終着点の一つ。

もちろん能力値は高く、耐性もかなりのもの。
しかしレベルが上がるのが遅く、重さも全モンスター中最高の「7」
パーティーに加えるなら馬車の改造が必須。
また、耐性は無効も多いが、穴も少なくない特化型であり、ラリホー、マヒに若干弱いのにだけは注意しよう。

なお、ギスヴァーグがパーティにいるとボス戦、イベント戦のBGMが『死を賭して』になる。

テリーのワンダーランド3D
キャラバンハートから9年の歳月を経て4大幻魔らと共に再登場を果たす。

配合による誕生でしか仲間にできず、マガルギ×オムド・ロレスの配合で仲間にできる。

また邪獣ヒヒュルデの素材の1体となっており『ギスヴァーグ+海王神+邪神レオソード+ヒヒュルデの使い』の4体配合で誕生する。


種族は「???系」
SSランクの「2枠」モンスター。
所有スキルは固有の「ギスヴァーグ」
特性は「メガボディ」
「AI 1-2回行動」
「デイン系のコツ」
「どくブレイク」
+25で「いてつくはどうに」
+50で「くじけぬ心」が加わる。
能力値は「HP1770」「MP720」「攻撃850」「防御750」「素早さ840」「賢さ1008」

究極配合では「HP2004」「MP864」「攻撃1040」「防御920」「素早さ1008」「賢さ1230」
攻撃力と賢さが高く、MPも多く、能力バランスが良い。

固有スキルの『ギスヴァーグ』は「バイキルト」「ザラキ」「ジゴデイン」「猛毒の霧」とキャラバンハートでの特技を再現したものが揃っている。
添付ファイル