※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

平沢 憂(ひらさわ うい)
平沢憂とは『けいおん!』の登場人物。

声優は「米澤 円」

プロフィール
2月22日生まれ
魚座
身長 154cm
体重 50kg
O型

家族は非常に夫婦仲の良い両親と、姉の「唯」を持つ。

平沢唯の年子の妹である。
ド天然でぐーたらな姉とは対照的に、礼儀正しく気の利く性格のできた娘である。
さらに料理の腕前も非常にレベルが高く、また1学年上の唯の試験勉強を教えたり、風邪をひいた唯に変装し軽音部にもぐり込んだときには、数日練習しただけのギターを弾きこなしたりなど、完璧といってもいいような人物である。
それゆえに唯は田井中律に「妹さんにいい所全部吸い取られたんじゃないの」と言われた。


高校は桜が丘高校を志望し、無事合格。
1年2組になり、中野梓と同じクラスになる。家事全般を受け持つため当初は部活動はやっていなかったが、3年進級時に鈴木純と共に軽音楽部に入部(後に後述する)

姉の通う桜が丘高校を志望し、見事合格して友達と軽音部に見学に行くも、軽音部のあまりのキャラの濃さと技術のギャップに戸惑って入部は控えている。
部活に入っている描写は現在までなく、恐らく帰宅部かと思われる(部活をしたら、大好きなお姉ちゃんに晩ご飯を作ってあげられないだけという説もある)


姉と容姿がよく似ており、軽音部にもぐり込んだ際には髪を下ろしただけの変装だったが、普段唯に接している軽音部員ですら見抜けないほどそっくりだった。
見分けるコツは、山中さわ子先生曰く「憂ちゃんのほうが、唯ちゃんよりおっぱいが大きいじゃない!」とのこと。

普段は髪を上げているが、髪を下ろすと姉の唯とは見分けがつきにくくなる(前髪を三つに分けているのが唯、二つに分けているのが憂)
ライブ前に唯が風邪をこじらせて軽音部に来られなかった時、憂は髪を下ろして姉のフリをして軽音部に来たが、最初は軽音部員全員が憂とは分からなかった。


3年生から、鈴木純と共に軽音部に入部した。
後に斎藤菫、奥田直も軽音部に入部する。

当初は、自分の楽器を所有しておらず、また、新入部員に遠慮してか、自らのパートも積極的に決めようとはしなかったが、最終的には自分の意思でギター(ストラトキャスター)を購入した。

ギターに名前を付けようとするところは姉と似ている。
新生軽音部内では手作りの菓子を振舞ったりして、ティータイムの維持に一役買っている。
また、ギターの腕前も、初見の曲をあっさり弾きこなすなど、相変わらずの完璧超人ぶりである。
しかし、その完璧さを新入部員の奥田直から嫉妬されたり、演奏を「ロボットみたい」と評されるなどした。
後者については割りと傷ついたらしく、後の回になっても気にしてる様子が描かれた。