※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

鈴木 純(すずき じゅん)
鈴木純とは『けいおん!』の登場人物。

声優は「永田 依子」
(佐藤アカネや中島信代との兼役)

プロフィール
誕生日・5月12日
牡牛座
身長 155cm
体重 48kg
B型

あだ名は「純ちゃん」

淳司(あつし)という兄がいるが、兄のことをあっちゃんと呼んでおり、どう見ても恋人同士にしか見えない程仲が良い。


目の色は原作では茶(アニメでは赤と異なっている)
髪型は短いツインテールで、かなりのくせ毛で、髪留めを取られるのを嫌がる。
特に雨の日は大変らしい。

性格は明るく快活だが、特にテンションが高いわけではなく、人の家にも関わらず寝付きが異様に良いなどマイペースな性格であり、平沢憂や中野梓と仲が良い。

ジャズ研究部所属で(アニメ版のみ)担当楽器はベース。

平沢憂の中学校の同級生で、憂と共に桜が丘高校に進学。
軽音部に興味を持ち、入学直前、憂と共に見学に来るが、特殊な対応に付いていけず軽音部への入部を諦めた。
アニメでは各部員への反応などが追加されているが、その後「かっこいい」先輩がいるという理由でジャズ研への入部を決めてしまう。
ここでの担当楽器はベースで、原作でも部活にこそ入っていないものの、やはりベースは弾けるらしい。


憂・中野梓と同じクラスとなる。

見学した時期は、原作では入学前(セーラー服)
アニメでは入学後と異なっている。
また、原作のこの時点では名前が存在せず、セリフも殆どない。
名前判明は単行本2巻巻頭漫画で、梓との初対面シーンでもある。

番外編「冬の日!」では梓に子猫(あずにゃん2号)を預けることに。
アニメ・原作と通じて、梓と友人同士である最初のシーンとなる。

番外編「ライブハウス!」では、放課後ティータイムからチケットを配られるという、憂・和に並ぶ友人待遇を得た。

原作での出番は、3年目(純は二年生)の新歓期に、落ち込んだ梓を慰めるシーンまで待つことになる。
しかしここで梓、憂、純の二年生3人組が定着したのか、夏にはこの3人でプールへ行く様子が1話分をかけて描かれ、モブではない準レギュラーキャラクターとしての立場を確立した。

アニメでは1期での出番は少なかったが、アニメ第2期「けいおん!!」ではOPでいきなり登場し、上述した落ち込んだ梓を慰めるシーンも「飲んでいたジュースのストローを梓の口に突っ込む」といった仲良しな描写が足されるなど上記の二年生トリオなどで急激に出番が増加がある。

軽音部の先輩たちとの関係では、同じベーシストであることもあってか秋山澪に憧れている節がある。
また原作では憂、梓共々、平沢唯に懐かれているようだ。


その後、再始動後の原作ではレギュラーに昇格となった。
3年生になると憂と共に軽音部に入部する。

使用楽器は白のYAMAHA SBV-500。
兄は大学でベースをやっているため、純はたまに教えてもらっている。