※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

袴田 かげつ(はかまだ かげつ)
袴田かげつとは『ロウきゅーぶ!』の登場人物。

声優は「瀬戸 麻沙美」

慧心学園初等部5年生で「袴田ひなた」の妹。
五年女バスの中では良識派で我の強いメンバーに振り回されがちである。同級生は「さん」付けで呼び、年上に対しては「先輩」付けで呼んでおり、誰に対しても常に敬語である。

一人称は、私
「相手からの呼称」
ひなた「姉様」
昴「長谷川コーチ」
智花「智花先輩」
真帆「真帆先輩」
愛莉「愛莉先輩」
夏陽「竹中先輩」
葵「葵さん」
美星「篁先生」

「かげつへの呼称」
ひなた.紗季「かげ」
昴.智花.愛莉.葵.羽田野「かげつちゃん」
真帆「ゲッタン」
夏陽.美星「かげつ」

ショートヘアの中性的な印象で姉のひなたより20cmほど背が高く(智花より10cmほど背が高い。
ちなみに、姉ひなたより20cmほど背が高い)

4年生の時にマラソン大会で優勝しているなど運動も得意。
6年との試合で愛莉とジャンプボールを行った際には身長差がかなりあるにも関わらず掌一つ分の差まで肉薄したことから垂直跳びの数値は愛莉よりも上で、高い身体能力を持っている事を裏付けている。

2年生の時に自身の過失でひなたが高熱をだして倒れた過去があり、それ以降自分のほうが早く成長したこともあって姉に対して異常なまでに過保護になった。
保健室で休んでいる時に葵と夏陽が羽多野と会話しているのを聞き、夏合宿が行われている三沢家の別荘に来訪するが、ひなたの体調を案じて練習に異を唱える。

周囲の勧めもあって「トライアスロン・リレー」でひなたと勝負することになり、勝負に負けてひなたが成長していることを気付かされ、以降はひなたに適度な距離を置いて接するようになる。
昴に対しては当初は思い込みと夏陽から聞いた話で警戒心を顕にしていたが、ひなたに窘められリレー後には落ち着いて話せるようになった。

合宿最終日に昴から女バスへの勧誘を受けるものの、リレー後に昴から女バスに勧誘されるが、ひなたと一緒にいたいだけでは真剣にやっている他の部員に失礼だと考え、誘いを断るが、ひなたのバスケ練習に付き合ようになった。

ゴール下の争いに適していることに気づいたひなたから愛莉の練習を参考にした指導を受け、センターとして基本的な技術を身に着けている。

夏休み明けから同じクラスに編入してきたミミに付き添って行動を共にしている内に強引に五年女バスのメンバーに加えられる。
五年女バスの中では良識派で我の強いメンバーに振り回されがち。