※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クレセリア
英語名 Cresselia
全国図鑑   488
タイプ・エスパー
分類「みかづきポケモン」
高さ 1.5m
重さ 85.6kg
特性「ふゆう」
タマゴグループ「タマゴみはっけん」
タマゴの歩数「30720歩」
獲得努力値「特防+3」
最終経験値「1250000」
性別「♀のみ存在」
捕捉率「3」
初期なつき度「100」

進化「進化しない」

ポケモン図鑑説明文  
ポケットモンスター ダイヤモンド・パール
「ひこうするときは ベールのような はねから ひかる りゅうしを だす。 みかづきのけしんと よばれている。」

ポケットモンスター プラチナ.ブラック.ホワイト.ブラック2.ホワイト2
「みかづきに ちかい よるほど しっぽから のびる オーロラは ながく うつくしくなる。」

ポケットモンスター ハートゴールド.ソウルシルバー
「クレセリアの はねを もって ねると たのしい ゆめが みられると いう。 みかづきのけしん と よばれている。」

   種族値     
HP:   120
こうげき:70
ぼうぎょ:120
とくこう:75
とくぼう:130
すばやさ:85
種族値合計:600

  ダメージ倍率   
効果抜群
むし:200%
ゴースト:200%
あく:200%

効果はいまひとつ
かくとう:50%
エスパー:50%

効果なし
じめん:0%(特性「ふゆう」の効果)
※特性『かたやぶり』からはダメージを受ける※

  覚えられる技   

入手方法・入手可能な最も低いレベル
・『ダイヤモンド・パール・プラチナ』
LV.50
全国図鑑入手後「ミオシティ」で悪夢にうなされている子供の母親と話した後に船で「しんげつじま」に行き、森の奥でクレセリアに出会った後に、シンオウ地方の草むらや水道を飛び回るようになる。

・『ブラック.ホワイト/ブラック2.ホワイト2』
ポケシフターで4世代から連れてくる。

・『ブラック2.ホワイト2』
LV.68
ストレンジャーハウスで、みかづきのはねを入手後、殿堂入りした後に「ワンダーブリッジ」に行くと現れる。

 クレセリアの設定  
シンオウ地方に伝わる三日月の化身と呼ばれる伝説のポケモン。
流線型の体を持ち頭部をはじめとして全身に三日月型の意匠が取り入れられており「三日月の化身」と呼ばれる。
ベールのような薄い紫色の羽を持ち、飛行する時には羽から光の粒子を放つ。
宙に浮いているようなデザインがなされており、脚部を持たない。
殿堂入り後に行ける「まんげつじま」で出会った後は、シンオウ地方各地を飛び回り性別は♀のみで♂は存在しない。

シンオウの各地を飛び回るエムリットと比べかなり頻繁に動き、自分がいる場所にいてもすぐ逃げるなど、かなり入手困難である。
自らの持つ「みかづきのはね」で悪夢を払う力があり、ダークライのライバル的位置付け(しかし対戦ではタイプの相性からクレセリアが圧倒的に不利である)

4世代ではミオシティにて悪夢にうなされる少年を助けるイベントがあり一時的に「みかづきのはね」を入手することができるのだが、その羽の美しさの虜になってしまったトレーナーが少年に「みかづきのはね」を使わず大事にリュックにしまっておくという事態もあった(ちゃんと少年を悪夢から救ってあげてください)

5世代BW2では「みかづきのはね」を届けるのが間に合わずに実際に亡くなってしまったという悲しい過去を見るイベントがある。
その後、ワンダーブリッジで固定シンボルとして現れる。

専用技は「みかづきのまい」
アニメ.劇場版でのクレセリア
DP編第104話に登場し、ダークライと対決した。

劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール「ディアルガVSパルキアVSダークライ」では「みかづきのはね」が登場。
しかしクレセリアと関係するが、映画には直接出ない。

 育成.戦法など   
「HP」「ぼうぎょ」「とくぼう」に優れ、その種族値はすべて120を超えており、典型的な耐久型向きのポケモン。
特に「特防は130」とかなり高いくその耐久型ステータスの通り「ひかりのかべ」「リフレクター」はもちろん、三日月の化身なので「つきのひかり」も使用できる。

それ以外にも補助技が豊富で「みがわり」「でんじは」「どくどく」「かげぶんしん」「サイコシフト」と、補助系を多彩に覚える。

補助技にはまず回復の「つきのひかり」もしくは「ねむる」を採用したい。
つきのひかりは状態異常や天候の変化に弱いものの、それ以外の状況での回復速度に優れるので、パーティーに合わせて選択したいところ。
他には「でんじはorどくどく」
防御には「リフレクター」もしくは火力不足も補える「めいそう」などが候補となる。

物理耐久に特化させることが多くたいていの物理攻撃には耐えられ、壁を張って耐えつつ「ガブリアスやボーマンダ、ゴウカザル、カイリキー、ローブシン」などといった有名なアタッカーを封じていくことができる。
そのための「サイコキネシス」「れいとうビーム」「エナジーボールorくさむすび」特攻を上げられる「チャージビーム」も有効。
対ヌケニンに「シャドーボール」といった技も覚えることができ、かつエスパー単体で地面技無効であるため、上記のメジャーなポケモンの技では弱点を突かれにくく、覚えさせている技によってはクレセリア一体に苦労させられることもしばしば。
しかしクレセリア自身の決定力は低く、特に鋼タイプには有効な攻撃手段が無い(「めいそう」でのごり押しでも厳しい…)

特殊受け型なら「性格、おだやか」
努力値は「HP252、特防252、防御6」
持ち物候補は「たべのこし、カゴのみ、ラムのみ」

物理受け型なら「性格、ずぶとい」
努力値は「HP252、防御252、特防6」
持ち物候補は「たべのこし、カゴのみ、ラムのみ、ゴツゴツメット」
※めいそうで特防を上げて三タテしたことあります※

他にも性格「ひかえめ」
努力値「HP252、防御、特防252or特攻252、防御、特防6」
持ち物「たべのこし、ゴツゴツメット」といった特攻特化型もたまにいます。

ちなみに「スキルスワップとふゆう」を両立している数少ないポケモンであり、これを使って地面タイプが弱点電気タイプのポケモンにスキルスワップを使って、弱点を無くすこともできる。

以上の通り、全ポケモン中、最も補助に特化しており敵として出てくるとかなり手を焼かされます…
敵として出てきたらハッサム(めざめるパワー「炎」に注意!)
つきのひかりを弱体化できるバンギラス。
ウルガモス、サザンドラ等でなら押しきれる…かもしれない。