※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

来栖 加奈子(くるす かなこ)
『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の登場人物の一人であり、本作中心人物(後にメインヒロインの一人となる)

声優は「田村 ゆかり」

プロフィール
中学2年生
身長 148cm
体重 39Kg
スリーサイズ「B70/W51/H77」
ツインテールでロリ体型な少女。

家族構成
両親(現在、離れ暮らしている)
長女「彼方」

見た目は作中アニメ『星くず ☆うぃっちメルル』の主人公であるメルルに瓜二つ。
コスプレしようものなら誰が見てもリアル版メルという印象を抱くほど似ている。
同級生である、高坂桐乃と新垣あやせの友人ではあるのだが、性格が唯我独尊を地でいっており、相手が誰であろうが関係なく自分が思ったように発言し行動する。

性格は裏表が激しく口調も態度も粗暴であり、友人の二人(特にあやせ)ですら対応に困る時が多々ある。
また、高坂京介に桐乃以上のDQN認定された事もある。

更に中学生にも関わらず喫煙者だったが、作中で補導された上、本気であやせの怒りを買い禁煙を『命令』された。

夢はアイドルであり、その為の努力や実践(オーディション)は欠かさない。
アイドルの仕事には普段の彼女からは全く想像出来ない程の熱意と誇りを持っており、どんな仕事であれ一切手を抜いたりはしない(カラオケで毎日歌を練習したり、ダンスのレッスンを受ける努力家の一面もある)

あやせの陰謀によりコスプレ大会で優勝を勝ち取った。

普段の言動で京介からはバカと思われているが、本番直前に渡された台本を少し目を通しただけで丸暗記し、更に想定外の事態にも咄嗟のアドリブで完璧に仕事をこなす才能の持ち主である。

当初は何度も会った京介の顔も覚えていない状態であったが、上述したコスプレ大会等での京介のマネージャーぶりを気に入っていたようで、桐乃の兄だと判明した以後も京介に対しては好感を持っている様子である。

その後は、あやせの事務所でその関係のモデル活動をしているらしい(ただし、当面はメルルのイベントにコスプレで登場するといった仕事が主なようである)

ファンからの愛称は「かなかな」
コスプレは仕事と割り切っているが、元々目立ちたがり屋な性格でもあり、自分を崇拝してくれる特殊な出で立ちをしたファンであっても可愛いく思える存在である。

また、自分の事しか考えてない様に思われがちだが、屈強な男数人を前にしても自分の後輩を守る為に身を挺して立ち塞がるなど、優しさと(精神的な)強さを見せる一面もある。


両親とは不仲であり、現在は両親と離れ、姉(来栖 彼方)のマンションで共に暮らしている。
妹の加奈子によると、いい加減で一人では何も出来ない人だそうだが、何気に妹を養っている偉いお姉様である。

ただし、父親の病気を機に関係の修復を考えているようで、そのための手段の一つとして、田村麻奈実から料理を教わっている。



俺の妹がこんなに可愛いわけがない ポータブル
彼女はPSP用ゲームソフト「俺の妹がこんなに可愛いわけがないポータブル」のifストーリー「加奈子編」及び同ゲーム特典、原作者「伏見つかさ」描き下ろしショートストーリー&設定資料集の「或る結末の続き」「俺の妹がこんなに可愛いわけがない ポータブルが続くわけがない」

「俺妹ポータブル続」では京介が両親に紹介するも、佳乃は桐乃の友人として面識はあれど、大丈夫かといった感じで、大介のお眼鏡には敵わず京介はそうした周囲から加奈子を庇いそんな中、加奈子が何をやるかと考えて行き着いた答えが料理で、たまたま知り合った麻奈実が教える事に。

努力を重ねた結果、認められ後に京介と結婚し、1児の母として幸せな人生を送っている。

落ち着いた雰囲気の大人しく小動物的な性格になり、見た目も清楚な女性となった。
中学生の頃の彼女しか知らない人からすれば驚くような変貌である。

ただし、時折中学生の頃の口調になることもある。
夫である京介は二十代後半でありながら課長職に就くほどの有能さを発揮しており、そのことについて加奈子は『最初はしょぼいやつだと思ったのにな』と語っている。

自身にそっくりな娘「かなみ」に恵まれており、京介のセリフから察するにさらに子供が増える可能性もある。
ちなみに、かなみはメルルが大好きで、よく桐乃と見ているらしい。

また祖父、大介は厳格な性格から孫に甘々なお祖父ちゃんへと変化した。
ちなみに桐乃はかなみに「ママ」と呼ばせようとしている。