※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『異伝 光対闇 決戦編』は2012年、7月26日に配信された配信されたDLC第10弾。
DLCマップ第一部「異界の魔符」の完結編!

値段は400円(税込)
購入条件「異伝・光対闇 闇編」の購入。

・イラスト「金田榮路」
・難易度「★★★★★」
・原作マップ「蒼炎の軌跡-8章『絶望そして希望』 古城ゲバル」

・マップBGM「絆永久に(暁の女神、第三部後半マップ)」
・戦闘BGM「忠義尽くさん(暁の女神、グレイル傭兵団戦闘BGM)」

   あらすじ    
光と闇。
相反する二つの勢力が一つに交わり、圧倒的な力となり膨れ上がっていく……
クロムは、魔符との最後の決戦に挑む。

    戦闘     
能力、スキルもこれまでの異伝とは比べ物にならない強さで過去作から主人公、ヒロインやボスクラス及び寝返りキャラクターが多数登場。
敵はゲーム難易度を問わずスキルを五つ所持しており、神器もちも多数おり、神器を持ってないユニットは強力な錬成武器を装備。
敵はあらゆる武器殺し系のスキルや錬成武器、神器を持っており光対闇でも最高の難易度を誇る。
特に危険なのがジャファルの『滅殺』が発動すれば一撃で撃破されるので関節攻撃で倒そう!

次いでライナス『カウンター』
ナーシェン、アルヴィス、ガーネフ、ネルガル、アレス、レイ、ハーディン、ユリウス、リオン、オリヴァー『復讐』

シグルド、エフラム、カミュ、漆黒の騎士、リリーナ『月光』

神器もちユニットも異伝最多↓
マルス王子(神剣ファルシオン)
シグルド(ティルフィング)
セリス(ティルフィング)
ユリア(聖書ナーガ)
リン(ソール・カティ)
異界のアイク(ラグネル)
カミュ(グラディウス)
エルトシャン(ミストルティン)
アレス(ミストルティン)
セフェラン(女神の杖)
アルヴィス(ファラフレイム)
ハーディン(グラディウス)
イシュタル(トールハンマー)
トラバント(グングニル)
ネルガル、ユリウス、リオン(ゲーティア)

以上のことからこの以上のことから限界突破でカンストしたユニットでも撃破される可能性があるので油断できなく、本編の最終章よりも遥かに難易度が高い。


勝利条件「敵全滅」
出撃数「20名」
敵の数「50名」

「敵軍」
「古城西北部」
エルトシャン(敵将)
カミュ
プラハ
ナンナ
アレス
サザ
リーフ

「砦西部」
アルヴィス
ネルガル
ガーネフ
ゼフィール
漆黒の騎士

「砦南西部」
異界のアイク
イシュタル
リリーナ
ライナス
シーダ
エリンシア
アシュナード
トラバント
ナーシェン

「砦南部」
マルス王子
セリス
ロイ
アルム
ナバール
セフェラン
サイアス
ディアドラ
ジャムカ

「砦南東部」
シグルド
エリウッド
エフラム
ウルスラ
セライナ

「砦東部」
ハーディン
レイドリック
ユリウス
リオン
オリヴァー

「砦北東部」
エイリーク
リン
マリカ
ミカヤ
ユリア
カタリナ
レイ
セリカ
ジャファル
ロイド

 クリア後の報酬   
・魔符『蒼炎の勇者アイク』
異界のアイク「勇者Lv20」
HP76
力41
魔力16
技38
速さ37
幸運30
守備33
魔防18
移動6
初期スキル「天空.月光.太陽.斧殺し.後の先」

・スキル『限界突破の書』
使うとユニットの全能力の限界が10上がる「限界突破」を習得する。

ちなみに全員分の『限界突破』を手に入れようとするなら入念に進撃準備を整えよう。
もしくは「限界突破、全能力+2、太陽、武器節約、暗闇の加護」のスキルを装備させた『異界のミカヤ』に錬成した「インバースの闇章」を装備させ「カリスマ、デュアルアタック+、デュアルガード+」のクロムとダブルさせれば簡単に人数分集められる。
※ただし、ジャファルやライナスには注意※