※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『メラガイアー』
「ドラゴンクエスト モンスターズジョーカー」で初登場。
ナンバリング作品では「ドラゴンクエストIX」で登場。

メラ系の最上位に相当する究極の火炎呪文。

    概要     
凄まじく巨大な炎の玉を敵にぶつけ焼き尽くす。
約280〜300ポイントもの大ダメージを与える(シリーズによりダメージは微妙に異なる)
またメラ系の呪文の攻撃範囲はすべて敵1匹である。
かなり高レベルまで育った魔法使いキャラが覚えることが多く、習得はエンディング後となり隠しダンジョンの敵や裏ボス戦では主力となる。

敵側ではラスボス、裏ボス、大魔王などといった最強の敵が使ってくる。

下位呪文は「メラ、メラミメラゾーマ」がある。

ドラゴンクエスト9  
術者は「魔法使い(LV.64)」
消費MPは「45」と、かなり多いため消費を抑えるために賢者のスキルをマスターしておかないとすぐなMP切れになってしまう。

ダメージは攻撃魔力によって異なる。
攻撃魔力480「269〜315」
攻撃魔力600「340〜386」
攻撃魔力700「400〜446」
攻撃魔力800「459〜505」
攻撃魔力900「518〜564」攻撃魔力999「577〜623」
メラガイアーの習得は「LV.64」と、とても遅いので、未習得のままでラスボス戦を迎えることになる。
お披露目はエンディング後の宝の地図の洞窟や、低レベルの大魔王たちとの戦いがほとんど。
高レベルの大魔王戦では魔法使いは耐久面に不安があるのでメラガイアーを使う機会はないと思われる。

敵では高レベルの大魔王たち「バラモス、ミルドラース、デスタムーア、エスターク、ダークドレアム、ラプソーン」等が使い、メラ系に耐性がない場合は『700以上』もの大ダメージを受けてしまうので耐性防具での強化が必須。

ドラゴンクエスト モンスターズバトルロード
二人プレイ用の技として登場し「極大焼失呪文」という肩書きがある。

またバラモス、ゾーマのトドメの一撃として登場。
バラモスがゾーマに膝まずいてゾーマが玉座に座ったまま掌から炎の玉を出し、巨大化させて相手に放つ。
その姿はまさに大魔王の風格を見せつける闇のカリスマさんに相応しい姿。


モンスターズシリーズ
ジョーカーシリーズ以降から登場し、特定のスキルで習得できる。
ダメージは賢さの値によって変化する。