※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

高坂 佳乃(こうさか よしの)
『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の登場人物の一人。

声優は「渡辺 明乃」

家族構成
長男「京介」
長女「桐乃」
夫「大介」
京介・桐乃の母親で専業主婦。
名前や読みは大介同様、アニメ版で明かされた。
得意な料理はカレー(作るのが楽だから)

また、桐乃が父親似に対して京介は母親似である。
アニメ版では原作のイメージよりも若々しい母親として描かれている。

京介からは「お袋」
桐乃からは「お母さん」と呼ばれている。
厳格な性格の父親と違い、息子の部屋にわざとノックせずに入ったり、京介の女性関係に関してからかったりと基本的には子供達にとっては理解がある良き母である。

息子の「せくしぃー雑誌」の隠し場所も把握しており大介に「お袋だってエロ本黙認してくれてる」と言っている。
結果、堂々と置かざるを得なくなった上での発言である。
しかし桐乃の押し入れいっぱいに隠されたコレクションにつてい把握すらしてなかったことからして、桐乃に対してはそこまでの干渉はしていないようである。

また、桐乃の趣味が大介に発覚した際「まさか…あんたの影響じゃないでしょうね?」といった疑いを向けられ、京介に対しては平気で桐乃と区別するような言葉を発する。

京介と桐乃の関係が改善し始めた事を喜んでおり、大介と同様に京介を信頼して桐乃の事をある程度任せている。

また口が軽く、プライベートな事柄も周囲に言いふらしてしまうため、桐乃からは相談相手として信頼されていない。
大介も時として頭が上がらない時がある。

京介の女性関係に関しては、京介が黒猫と親しくなって以降、相当に警戒心を強めている様子である。
桐乃が兄の事を呼び捨てにし始めた事で兄妹の仲を勘ぐり始め、パソコンサイトでの相談を会し禁断の仲を疑った(ただし、その裏には別の意図があり本気かどうかは不明)