※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ドラゴンクエスト1に登場するドラクエシリーズ初代ラスボス。

モンスターズシリーズでは変身前の人間形態と変身形態のドラゴンの両方が登場する(キャラバンハート、ジョーカー1では人型形態は登場しない)

テリーのワンダーランド(GB)
種族は「????系」
エンディング後に解放される、虫系オンリーの旅の扉「やぼうのとびら」のボスとして登場。

ちなみに変身形態(ドラゴン)はドラゴラム使用で登場する(ただし変身ではなく、あくまでもドラゴラムである)
ここは空気を読んで「いてつくはどう」で変身を解除なんて空気をぶち壊すなんてことはしないように(笑)

「まおうのつかい×グレイトドラゴン(アンドレアルでも可)」の配合で誕生する。
????系では作るのが簡単であるため他の魔王たちと比べるとやや劣る。
覚える特技は「ギラ、瞑想、ドラゴラム」

配合用途は「りゅうおう×しんりゅう」でドラゴン形態が誕生する。

「りゅうおう×シドー」で『ゾーマ』が誕生する。
※りゅうおうは変身前、変身後のどちらでも可能※

シドーは配合で生み出すのが困難なのでお見合いを活用すればシドーを減らすことなく容易くゾーマを増産できる。

ルカの旅立ち.イルの冒険(GB)
前作同様に「まおうのつかい×グレイトドラゴン」の配合で誕生する。
今回も「りゅうおうドラゴン形態」と「ゾーマ」の配合素材となっている。

また今作ではモンスターズオリジナルの究極形態である『しん・りゅうおう』が存在し、ドラゴン形態のりゅうおうと「オリハルゴン」との配合で誕生する。
ちなみに、しん・りゅうおうは全モンスターでも10本指に入る最強クラスのモンスターなので作って損はない。

モンスターズ ジョーカー2
ジョーカー2では枠システムにより、1枠モンスターとしてモンスターズに再登場。

配合で誕生する組み合わせは「魔王の使い×グレイトドラゴン」で誕生する。

配合用途は「りゅうおう×はくりゅうおう×ゴールデンスライム×キャプテン・クロウ」との4体配合で『エスターク』を仲間にできる。
※今回も「キャプテン・クロウ」は通信無しでは一体しか仲間にできない。※

竜王以外にも「ダークドレアム×神竜×りゅうおう×サージタウスor海王神」の4体配合で『マスタードラゴン』を生み出せる。


種族は「ドラゴン系」
ランクは「S」
サイズはS「1枠」モンスター。
所持スキルは「あんこく」
特性は「ギロギロ」
「マホトーンブレイク」
耐性は「ザキ、フール、ハック」を無効。

ステータス上限値は
「HP800」「MP850」「攻撃780」「防御710」「素早さ780」「賢さ920」

ジョーカー2professional
配合で誕生する組み合わせは前回と同じく「魔王の使い×グレイトドラゴン」で誕生する。

配合用途は「はくりゅうおう」との配合で『竜王』を生み出せる。
これまでの4体配合の苦労に比べると、とても簡単になっている。
更に竜王を「大魔王ラプソーン」と配合すると『竜神王』になる!


種族は「ドラゴン系」
ランクは「S」
サイズはS「1枠」モンスター。
所有スキルは「暗黒」

特性は「ギロギロ」
「マホトーンブレイク」
「いきなりぎゃくふう」
「いきなりブレイク封じ」

能力限界値は「HP860」「MP600」「攻撃力720」「防御力700」「素早さ760」「賢さ920」

テリーのワンダーランド3D
テリー3Dでは他の魔王たちが???系になっているが魔王ジェイムと同じく未だに「ドラゴン系モンスター」である。
まあ竜族の頂点に立つ王だから当然なのかもしれない。

配合方法はこれまでと同じく「魔王の使い×グレイトドラゴン」合で仲間にできる。
ちなみにグレイトドラゴンの代わりに「コアトル」でも誕生する。

他国マスターからもスカウトできる(骨つき肉、霜降り肉があると良い!)


配合用途は「りゅうおう×はくりゅうおう」で『竜王』が生み出せる。
更に竜王を「大魔王ラプソーン」と配合すると『竜神王』になる!

種族は「ドラゴン系」
ランクは「S」
サイズはS「1枠」モンスター。
所有スキルは「暗黒」
特性は「スタンダードボディ」
「ギロギロ」
「封じブレイク」
+25で「ひん死で 呪文会心」
+50で「ギラブレイク」が加わる。

能力限界値は「HP1450」「MP620」「攻撃720」「防御700」「素早さ760」「賢さ920」

究極配合では「HP1690」「MP744」「攻撃864」「防御840」「素早さ912」「賢さ1104」

賢さが高く呪文アタッカーにするのがいいかもしれない。
マヒ、眠り、混乱などの状態異常への耐性は「半減」と安定しないので究極配合では『耐性アップ』を選ぶのがオススメ!

「行動回数アップ」は『AI 1-2回行動』とこちらはあまり安定しない…