第1話OP2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

OP2「クエスター覚醒!」

シーンプレイヤー:PC1、布津忠仁(ふつ・ただひと)

 ※ まだクエスターに覚醒していない(加護や特技は使用できない)キミと、三上葉子は魔獣クウエルスに襲撃を受けます。
  魔獣クウエルスは「三上葉子」を先に襲います。キミが「重傷を受けて意識を失った」後、「クエスターに覚醒」する予定です。
  「夢の中でガイアと出会い」「三上葉子を救うことを願い」「シャードを授かり」「現実世界で三上葉子を探しにいく」とシーンENDです。

GM:ちょいとイベント盛り沢山だが、押していくぜ!w
忠仁:おいすー

 その日。キミは幼馴染みの同級生「三上葉子」(みかみ・ようこ)と一緒に下校していた。
学校での出来事や、次の休日に遊びに行こうという誘い。他愛もない世間話‥‥

忠仁:はーい。じゃあ仏頂面で歩いてますよ。
三上葉子:「ん~ やっと学校終わった!」 軽くのびをしながら。
三上葉子:「‥‥今日さ、宿題やたらと多かったよね」 憂鬱な表情。「なにか良い手はないものか‥‥」
忠仁:ちょいと上の空。

三上葉子:「こ・ら」 コツン。後頭部を軽くノック。
忠仁:「あん?」 叩かれて、振り向く。
三上葉子:「幼馴染みの美少女が悩んでんじゃん? 少しは力になってくれよー」
三上葉子:「ね。これからキミの家、行ってもいい?」 にっこりと良い笑顔。一緒に宿題やろうと提案。
三上葉子:「いいじゃない。困ったときはお互い様ってことでさ」 拝みつつウィンク。
忠仁:で、脳天気そうな葉子の顔を見て、ため息をつく。

三上葉子:「た、タダとは言わないよん!」 懐から2枚のチケットを取り出し。「じゃーん♪」
三上葉子:「先週始まったばかりの新作映画! 見たいって言ってたでしょ?」
三上葉子:「ね。行こうよ次の週末。一緒にさ♪」

忠仁:「悪い事は言わない。今週は大人しくしとけ」
三上葉子:「なんでさ?」 小首をかしげ。
忠仁:「ああ、いや、違うな‥‥ 悪いことを言う。今週は大人しくしとけ」
忠仁:商売道具のタロットを取り出して、無造作に三枚抜く。
忠仁:「悪魔」「塔」「死神」 いずれも正位置
三上葉子:「あちゃー‥‥」 また始まった、と自身の顔を覆い。
三上葉子:ジト目。あたしがオカルトとか苦手なの、知っててコイツは‥‥ 嘆息しつつw
忠仁:「今朝からずっとコレだ」
忠仁:「“運命”が言っている――マトモじゃない」
三上葉子:「だから?」 腰に手を当てて。ちょっと拗ねた口調で。
忠仁:「信じる信じないはそっちの勝手だ」 フン、と。

 そんな軽口をたたきあう。いつもの出来事。いつもの遣り取り――
だが、そんな見慣れた光景は一瞬で崩壊した。

GM:キミと葉子の前に「3mを越える巨大な漆黒の犬」が出現。
GM:血のように赤い瞳がキミたちを見つめて‥‥ 確かに嗤った!
三上葉子:「な‥‥ なに、アレ」 絶句。「犬の化物ぉッ!?」
忠仁:「葉子!」 背後にかばうよ。
魔獣クウエルス:「フン。良いマナを秘めておるな‥‥」 ニヤリ。鼻を鳴らし。「我に恐怖を抱いたか」
魔獣クウエルス:「‥‥クエスターどもから身を隠すため、新たな器が欲しかったところだ」
魔獣クウエルス:「貴様らの身体を貰い受けるとしよう」 ククク。
忠仁:「とりあえず、逃げるぞ」 手を引いて逃げる。

 次の瞬間。3mを越える巨大な魔獣の姿が消える!

三上葉子:「ッ?!」
忠仁:「!?」
GM:では、その直後。キミは魔獣の鈎爪を受け、コンクリートの壁に激突!(演出攻撃です)
忠仁:「ガ‥‥ハッ!」
三上葉子:「忠仁ぉッ?!」
魔獣クウエルス:キミへの興味を失った様子で。そのまま三上葉子へと向き直る。
魔獣クウエルス:「良い素質だ‥‥ これならば」 キミへと向き直り。「予備は不要か」

忠仁:「逃げ‥‥ろ!」
三上葉子:「よくも‥‥ 忠仁をッ!」 付近に落ちていた棒切れを拾い。魔獣からキミを護ろうと‥‥
GM:その光景を最後に。キミの視界は闇へと飲み込まれていく。
忠仁:はーい
忠仁:じゃあ倒れた右手の先に、タロットカードが一枚。
忠仁:散らばったもののうちのひとつだ。

 ** ** **

 ――意識を失ったキミは、気付くと真っ暗な空間を力なく漂っていた。
脳裏に、過去の記憶の数々が浮かんでは消えていく。キミは死に飲み込まれようとしていた。
だが、そんなキミを呼び止める声が――聞こえた。

忠仁:「誰だ?」
女性の声?:『‥‥闇に囚われてはいけません。目を開いて!』

1,諦める。 ⇒ BADEND。
2.諦めない。 ⇒ クエスター覚醒へ。

忠仁:「‥‥うっ‥‥」 諦め‥‥ない!
忠仁:「俺はいったい‥‥ そうだ、葉子!」
GM:よし。では、キミは安楽を望む肉体の要求を振り払って、意識を取り戻した!
GM:そこは不思議な空間だった。

忠仁:立ち上がろうとして倒れる。
忠仁:「くそ‥‥」
忠仁:じゃあ右手から温かな波動が伝わってくる。
忠仁:見ると右手の中のカードが淡く光っているな。
忠仁:「――“世界”?」
女性の声?:『――無理をしないで。今、あなたは瀕死状態なのですよ』
女性の声?:『私の声が聞こえますか? 私はガイア。この世界“ブルースフィア”を守護する者です』
女性の声?(以下、ガイア):『どうか落ち着いて、私の話を聞いてください』
GM:なぜだろうか。彼女の声はキミの心に安らぎを与えた。
忠仁:すごく落ち着いた^^
忠仁:「“世界”――あんたが俺の、運命か?」
GM:頷く気配。
ガイア:『今、この世界は【奈落】という邪悪に狙われています』
ガイア:『あなたたちを襲った怪物―― あれも【奈落】の一体です』
ガイア:『奈落は、あらゆる事象を無に帰す恐るべき存在。‥‥世界の敵です』
ガイア:『あなたと共に居た少女【三上葉子】は今、心身を【奈落】に取り込まれようとしています』
忠仁:「なんで葉子を?」
ガイア:『彼女には優れたマナの資質が備わっていたからでしょう』
ガイア:『ですが。奈落に対抗する者もまた存在しています」
ガイア:『“救済者”(セイヴァー)となる可能性を秘めた、神々の欠片(シャード)に選ばれし戦士――【クエスター】が』
ガイア:『あなたが望むなら。【奈落】から彼女を救うための力―― 【クエスター】の力を授けましょう』
忠仁:「クエスター?」
GM:彼女の優しい視線がキミへと注がれる。
ガイア:『私のシャードを受け取り、大切な人を護るために戦う。その覚悟が、あなたにはありますか?』
忠仁:「そうだな――気にくわないが、他に選択肢はなさそうだ」
GM:くす。――確かに、彼女は微笑んだ。
ガイア:『あなたを信じます。あなたの誓いを。あなたの心を。あなたの願いを』 優しく微笑み。
ガイア:『その力で。【三上葉子】を。この世界を救って――』
忠仁:「いいだろう。それが運命なら――ねじ伏せてやる」
GM:キミの意識は再び霞んでいく。
GM:だが、今度は闇の中へではない。光へと――

 キミが目を覚ますと。全身に受けていたはずの傷は全て癒えており、キミの手の中にはシャードが輝いていた。
だが、三上葉子の姿は見当たらない。彼女は実家にも帰っておらず、行方不明となった。

クエスト「葉子を救う」を獲得。
忠仁:クエスト受領ー
GM:で、どうする?
忠仁:もちろん、葉子を探す‥‥手がかりはここにある(タロットを指して)
GM:おお、かっこいい!w

  忠仁:‥‥ところでGM。
  GM:ん?
  忠仁:俺のシャード、錆色なんだが?w > 輝いている
  GM:いいんだ。錆色に輝いているんだ!w


シーンEND


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。