第1話OP3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

OP3「黒い石が運ぶ災厄」

シーンプレイヤー:PC4、凡場薄羽(ぼんば・うすは)

 ※ 「七瀬市」の路地裏で、パトロール中に「奈落に汚染された男」(エキストラ)と遭遇します。
  倒した後に【奈落】の気配を宿した謎の【黒い石】を発見して、シーンENDです。

 ――誰もが寝静まる深夜。キミは七瀬市を巡回していた。
最近、「【奈落】に汚染された人間が暴れる事件」が、あまりにも多発しているのだ。
パトロールの途中、路地裏で虚ろな表情の男(くたびれサラリーマン風)を発見!
彼の身体からは、微かにだが【奈落】の気配が‥‥

うすは:へーたいへんすなぁ
汚染男:「ガァァァアッ!!」 奇妙な叫び声を挙げつつ。キミへと飛びかかってくる!

 1.キュートな薄羽は汚染男から逃げ出した!  2.一撃でクリアー!  3.奇跡は起きない。現実はシビアである。敗北。

うすは:「グェェェェ!」 3。のた打ち回ります
GM:だが。偶然にもキミの手が‥‥ なにかに触れた途端。
GM:そいつは急に糸が切れた操り人形のように、ぐったりと地に伏せた。
GM:キミの手には‥‥謎の【黒い石】のペンダントが!
GM:どうやら、密着した際、無意識に引きちぎっていたようだね。

クエスト「【黒い石】を調査する」を獲得。
うすは:「ぺろっ。こ、これは!」石をなめてみる
GM:‥‥こいつは【奈落】の味だぜ?
うすは:「これはヤツらと同じ味‥‥」

うすは:「この街にも魔の手が‥‥!」

 キミは。この「七瀬市」に【奈落】の脅威が迫りつつあることを悟った――!

GM:って、ここで切っておくか。
GM:キミの「その後」については、ミドルで語ろうw
うすは:うん。 

シーンEND

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。