第1話ミドル5


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ミドル5「魔獣の居場所を探れ!」

シーンプレイヤー:ゲルヒルデ
PC全員登場

 キミたちは魔獣クウエルスの居場所を特定するために動き出した。

  • 全員が目標値12の知覚判定を行うこと。誰か1人でも成功すれば「七瀬市の某公園に魔獣クウエルスが潜んでいることを察知できる」。
  • 全員が失敗した場合、「ミドル5-2」「ミドル5-3」‥‥を開始し、全員が再判定の機会を得る。
  • ただし、この「仕切り直し」もクライマックスの敵戦力に影響する。

GM:ゲルヒルデ。キミは薄羽の持つ【黒い石】のペンダントから「奈落反応」を感知した。
GM:これを利用すれば!
ゲルヒルデ:「Jud.と言うわけで敵奈落の居場所を探ろうと思います」
忠仁:これは単純だねー。ドゥンドゥン振っちゃおう。
忠仁:#2d6+3(ダイスを振る)出目「3・2」で達成値8。失敗したw
忠仁:「ダメだな。なにかが運命に干渉している‥‥ これが奈落の力か?」
ゲルヒルデ:「レッツ、サーチング!」
ゲルヒルデ:#2d6+3(ダイスを振る)出目「1・6」で達成値10。
ゲルヒルデ:「ちなみに私は失敗しました」
ツカサ:知覚は4だから‥‥#2d6+4(ダイスを振る)出目「2・6」で達成値12。
忠仁:おお、司さんマジエリート
ツカサ:「クウエルスの魔力、その残滓‥‥ この付近の公園に潜んでいるようですね」
ゲルヒルデ:「ツカサ、あなたは出来る子だと信じていました」
ツカサ:「ありがとうございます」>ゲルヒルデさん
GM:忠仁の脳裏に。ふと浮かんだ光景。幼い日に、葉子と遊んだ‥‥あの場所!
忠仁:「南灯火公園か。だが、どうやってクウエルスを葉子から切り離す?」
忠仁:「それが出来なければ、結局葉子を助け出すことは出来ないぞ‥‥」
GM:ああ、それは「会ってみないとわからん」扱いです。イェア! > 葉子を切り離す方法
忠仁:わぁい

忠仁:タロットをめくる。女帝の正位置。
忠仁:行動を暗示するカードだ。
忠仁:「“全ては行動しなければ始まらない”か‥‥」
忠仁:「クウエルスを追い詰めてから、だな」
神姫(Auto):「まず動きなさいな、少年!」 ぱぁん、と背中をどつきw
ツカサ:「最悪。《ガイア》に加護を願います。今はクウエルスのところに向かいましょう」>布津さん
神姫(Auto):「大丈夫。神様は悩める少年の味方です♪」
GM:では。ツカサの呼びかけに。皆は南灯火公園を目指して動き出した!

シーンEND


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。