第2話OP2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

OP2「起動」

シーンプレイヤー:PC5、ゲルヒルデ
他のPCは登場不可

 ※ 毎度御馴染み、ケイローンから「奈落を倒せ」と任務を授かり、出撃してシーンENDです。

 まるで中世の王城を思わせるような豪奢な部屋。
その奥に据えられた、柔らかなソファに一人の少女が座っている。
薄手のワンピースを一枚まとっただけの、作り物めいた美貌の少女。
‥‥瞳を閉ざしたまま。まるで微睡んでいるかのようだ。

 部屋の中央に置かれた、小さな丸テーブルにて。水晶が淡い輝きを放つ。
少女の瞳が開く。ヒトの手では決して造りだせないだろう、天上の美を携えて。

 水晶は輝きを増し、やがてホログラムのように人影が映し出される。

ケイローン:「目覚めよ。ヴォータンの愛娘よ」 威厳のある声が響く。
ケイローン:「‥‥汝の力が必要だ」
ゲルヒルデ: 「ケイローン」
ケイローン:キミの目覚めに。小さく頷く。
ゲルヒルデ: 「あんパンは買ってきましたか?」
ケイローン:キミの言葉に、やや悲しげな表情を浮かべ、小さく首を横に振る。

ケイローン:「忌まわしき魔手が“七瀬市”に向けられた」
ケイローン:「禁忌の術を用いて、【奈落門】を開こうとする者がいる」
ケイローン:「その術には莫大なマナが必要とされる」
ケイローン:「おそらく、一気に七瀬市を壊滅させ、そのすべてをマナに還元する企みだろう」
ケイローン:「‥‥彼の地には、希望の光が幾つか目覚めている」
ケイローン:「だが、その輝きはまだ弱い。誰かの助けが必要なのだ」
ケイローン:「行け、ゲルヒルデ!」
ケイローン:「シャードがお前達を導くだろう」

クエスト「【奈落の門】を破壊する」を獲得!

 敬愛する師、ケイローンの言葉と共に。
キミの前にゲートが開く。日本へ。あの懐かしい“七瀬市”へのゲートだ。

ゲルヒルデ: まるで夢から覚めるかのように周り情景が霞んでいく
ゲルヒルデ: 「今度は逢えるでしょうか‥‥」
ゲルヒルデ: 「私の運命に」

 淡い希望を抱きつつ。ゲルヒルデはゲートをくぐる。
今度こそ。今度こそ――!

シーンEND

ゲルヒルデ: ケイローンをパシらせたかったのですが。残念。
GM:「パシリなケイローンの弟子」と呼ばれたいのか、ゲルヒルデ?w


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。