第2話共通ED


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

共通ED「勝利の対価」

シーンプレイヤー:ゲルヒルデ(死亡中)
全員が自動登場

 ※ クライマックス直後です。ゲルヒルデの死を皆で悼みつつ、屋上から全員が立ち去ったらシーンENDです。

GM:では、EDいこうか。
ゲルヒルデ:地に倒れ伏すゲルヒルデ、だがその顔は不思議に満ち足りているように見えた。
GM:なお、【奈落門】が崩壊したと同時に、七瀬市各地で発生していた怪物騒ぎはすべて終結した。
GM:キミたちは未来を護ったのだ。

 ――風が吹いた。そして、夜が明けていく。
クエスターたちの活躍によって、七瀬市は壊滅を免れた。大いなる脅威【奈落門】は破壊された。
禁断の魔器【魔笛】は正しき継承者を得た。彼女の身には、これからも試練が課せられるだろうか。
そして‥‥

玲次郎:「‥‥‥‥」 太陽が昇る光景を見つめつつ。
玲次郎:奏の頭をそっと撫でている。

 水本奏は泣いていた。
初めて、玲次郎の戦いを知り。彼の仲間が喪われたことを知り。
操られていたとはいえ、自分の関わった出来事が、彼女の死を招いたと。――悟った。

水本奏:ゲルヒルデの美しい顔に。ぽたりと涙を落とし。
水本奏:「ごめんなさい‥‥」 自己憐憫に浸るような性格ではない。だが
水本奏:後悔はある。彼女と別の機会で知り合えていれば。あるいは‥‥

玲次郎:「それはちがう、彼女は‥‥ 彼女は‥‥」
玲次郎:なんとか奏を慰めようとするが、歯切れは悪く。

 そんな若者たちの姿を。少し離れたところから見守る大人たち。

佳和:「‥‥ゲルヒルデ」
佳和:「ヤツが狙っていたのは俺だった」
佳和:「‥‥俺がこうなるべきだったとは言わない。だが‥‥」

神姫:戦闘が終わったので、“ぐら様”は離れたということで。
神姫:「死なせていいわけないのに‥‥」
神姫:「“七瀬”はこの街の総てを護らなきゃいけないのに」 悲しいけど泣きません。
神姫:(私がもっとしっかりと支援できていれば‥‥)
神姫:(いや、私がもっと強ければ、こんなことには―)
佳和:「‥‥自分を責めるな。彼女は喜ばないだろう」

水本奏:ぐずりながらも「ありがとう」 そう玲次郎に頷き。
水本奏:【魔笛】を取り出し。唇に当てる。‥‥哀悼の意を込めて。
玲次郎:(鎮魂曲だというのに‥‥ なんて、綺麗なんだ)

 そして気付いた。

ゲルヒルデ:―――泣かないで、みんな、笑ってください。どうか私に皆さんの笑顔を見せてください
ゲルヒルデ:風の中に、そんな声が聞こえた気がした
水本奏:(ゲルヒルデさんの声が聞こえる――)
水本奏:(ああ、“届いている”のかな。‥‥天国まで)

神姫:泣きそうな目をしているがしっかりと顔を上げる。決して涙を流さないように。
神姫:「ゲルヒルデ‥あなたのためには泣かないわ。あなたの死を悼むことがあっても」
神姫:「あなたの護ったこの世界を護り続けるために、力を蓄え“七瀬”で在り続けるわ」
佳和:(ゲルヒルデ‥‥ 最も新しき我が友よ。お前の気高き美しさは忘れまい)
佳和:(この悲しみと、痛みを。力に代えて戦おう。君の分まで) 顔を上げ。

 優しい朝の風が。鎮魂の調べを乗せて、街を吹き抜けていく――

シーンEND

GM:ほい。では終わりですのー おつかれさま!
GM:アフターは掲示板でやろうか。
GM:今宵はここまで!
神姫:ですね
GM:参加ありがとうございました!
GM:また、機会があれば一緒に遊びましょう!w
ゲルヒルデ:ハイ、ありがとうございました
神姫:お疲れ様でした。戦闘では役立たずだったのが申し訳なかったです
佳和:ありがとうございましたー
神姫:でも、楽しかったです。ありがとうございました
玲次郎:ありがとうございましたー!
GM:んじゃ、解散で。
佳和:うい
玲次郎:お疲れさまでした


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。