進撃のJK


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

part1>>32


アニ「ねえミカサ、あんたエレンに告っちゃいなよ」
ミカサ「! そんなこと」
クリスタ「でも、私たち、実戦に出ればいつ死ぬか分からないんだし、好きなら好きって言わなきゃ後悔するよ」
サシャ「そうですよ、きっとエレンも悪い気しませんよ」

クリスタ(っていうか・・)
サシャ(毎晩こいつのオナニーうるさすぎるんですよね・・)
アニ(もうなんでもいいからくっつけないと、私らの訓練まで響く・・)

アニ「なんなら押し倒せば?あんた対人格闘トップだし」
ミカサ「そうか、エレンをぶん殴って、気絶させてヤッっちゃえば・・」

三人(ちげーだろ・・)

クリスタ「はいスキン」
サシャ「成功したら晩飯ゆずってくださいよ~」

三笠「え、エレン……」
エレン「あ、ちょうど良かったミカサ」

「エレン……」モジモジ
「…?ミカサ、どうした」
「エレン、あの……」

ミカサ「エレン……私と付き合って!!」

デバガメーズ三人「やった、言ったよ……!」

エレン「ミカサ……」


「俺から言おうと思ってたんだ、よろこんで!」


ミカサ「……」(感動でマジ泣き、声が出ない)
エレン「じゃ、さっそく」
ミカサ「・・突然殴りかかってナニするの、エレン?」
エレン「え、『突き合う』んだろ?いやー、ジャンの奴と勝負まけらんねーもんな。ついでに、お前に勝てばオレが対人戦闘トップだし」
ミカサ「…………」

三人組「……」




アニ「あーあ、死んだな。サンドバック」
クリスタ「もう五時間殴ってる。このままじゃエレン死んじゃうよ・・」
サシャ「つか、アホらしいから帰りましょうよ。晩御飯の時間だし」
アニ「そだな・・」

ミカサ「わーん、エレンのバカぁ・・」

だだー、と走り去る。

エレン(←顔ブクブク、九分九厘脂肪)

ライナー「おい、大丈夫か・・?」
コニー「また痴話喧嘩かよ」
エレン「・・びょ、いん・・びょう・・いん」
アルミン「待ってて、今保健室連れて行く」
ライナー(つか、)
コニー(こいつらバカップル、まとめて巨人に喰われろよ・・)
アルミン(僕の智略を以てしてもこの二人につける薬はない・・)

「アルミン……」
「アニ、クリスタ、サシャ、そろってどうしたの?」
「エレンの容体は?」
「なんとか命にだけは別状はないって」
「なら、しばらく保健室には誰も近づけないでくれ」
「! なるほどそういうことか」
「そ、頼むぞ」

(エレン・・)
スキンを握りしめ、エレンの眠る保健室へ

エレン「ひ、出たああああ!」
ミカサ「・・人をお化けみたいに言わない」
エレン「ナニ、何が望みなの??」
ミカサ「エレンが、欲しい」

エレン「?・・どういう意味だろう?」

「どういうつもりか知らないが、もう、お前のものだろう」
「え?」
「お前には餓鬼の頃から何度も助けられてるし。あのときだって※俺一人じゃやられてた。初めてお前と会ったあの時からずっと思ってた。こんなに守られちゃ俺の体は一生お前のだ」
「エレン……」

※ミカサと初対面時、コミック2巻、ミカサ、エレンに惚れる

「だから、俺はお前の舎弟だよ。何度喧嘩してもかてねーし。今度から鉄砲玉とかパシリに使ってくれ姉貴」
「……エレン、わざとおちょくってる、ひょっとして?」
「?お前任侠なんだろ?手首になんか彫ってるし?なんか俺にまとわりつくのも子分の面倒見だろ。もう殴るなよ。おめーがランク上だから。部屋に帰ってくれ」
「…………」

ミカサ「だから!」
「私は、女の子として、エレンが・・」
「っ、もういい!」

「待てよ」
ミカサ(泣いて暴れる・・がふと抱きすくめられて)
「!」
「待てって……」

「そんな顔するなよ」
「悪かった」
「けどな……今は、重すぎんだ」

「・・・」

ミカサ(エレン、それって。。)

「おいおい、布団にもぐりこむなよ」
「アニたちが、点呼ごまかしてくれてる。今夜は帰らない」
「あのな」
「一緒にねる。それだけ。昔みたいに」
「分かったよ……(´-`)今晩は一睡もできそうにないぜ」

ミカサ(まだチャンスはある。今から朝までエレンを襲えば、或いは・・)←スキンを握り締め二ヤリ

ミカサ「私が、、エレンを襲うつもりだったけど」
「エレンの体温、吐息が間近に……」
「エレンの、匂いが鼻をくすぐる、ちょっと汗臭い、男の子の匂い……」

「もう、駄目……」

エレン「おいミカサ、しがみ付いて、俺の上に乗っかるなよ……」
「なんか、下腹を押し付けて来るし。。こら、俺の腿に股 擦りあてるな」
「なんかさっきから息が荒いし、何やってんだよ」

「んあっ!」
「え、どうした?耳触っただけだろ。びくっと震えて?」
「お前熱でもあるのか?ちょっと触らせろ」
「…………っ!!」(ガクガク痙攣中)

「か、あ……」
「おい、息が生臭くなって来たぞ・・なにしてる?つーか、俺のジャージ、べちょべちょじぇねーか!お前 お漏らししたな!」
「エレン……」(涙を流す)
「…………っ」
「おい、またガクガクして、熱でもあるんだろやっぱ」
「…………」
「ここ、触って……」(エレンの手を掴んで下着の中に招き入れる)

「うわ、ひでえな・・やっぱりお前お漏らししたな!ったく人を子供扱いして、どっちがお子様だよ」
「んあっ!はあっ!!」
「お願い、もっと弄ってぇ!!」
「弄るって・・。まあ待ってろ。ティッシュでふいてやっから」
「ひあっ!!」
「おいおい、拭くそばから漏らしてねえか?」
「ああ、んあああああああああっ!!」


――小一時間経過――

(すごい、自分でするより……全然イイ……)

(もう駄目、腰が立たない……何十回イッたか、分からない……)

(エレン……)

(エレンは、私が、好きじゃない……?)

「こら、どこ触ってる?」
「どうして、勃起してないの?」
「勃起ってお前女子がそんな露骨にエロい言葉使うなよ・・」
「…………」
「おい、だから泣くなって!今度はマジ泣きか?」
「……」
「……まだ、お預けだ」
「……?」
「あのな、ヤルのはお預けだって。。これから訓練兵を卒業して初陣を生き残ったら、その時は、お前と、一つになるよ」
「分かった・・待つ・・待つから・・私きっとエレンと・・」

ミカサ「でもペッッティングは・・毎晩して。。欲しい」
エレン「やれやれだぜ(´-`)」

そして月日は巡り、トロスト区に巨人が侵入した――

アルミン「ごめん、ミカサ……エレンは……エレンは」
ミカサ「――――」

ミカサの中で何かが音を立てて崩れる……

(結局、、)

(あの約束、果たせなかった……)

(また家族を失って、、)

(私は、どこへ帰ればいい?)

「ミカサ、ミカサ大丈夫」
「……アルミン、何?」
「こんなこと言うのは非常に辛いし悲しいけど、でも、弾薬庫の巨人を駆逐しないと、僕ら全員が生き残る目はない。」
「それには君の力が不可欠なんだ※」

※(現在、二巻、アルミンの発議で弾薬庫に巣食う巨人を退治にでかける、階段を降りるところ。。)
(ライナーのギャグにも無反応な暗い顔のミカサ参照)

コニー「その手があったか!」
サシャ(池沼)「私も、初めて知りました・・」
ジャン「ライナー、それがお前の最後のry」

アルミン「ミカサ、がんばろう」
ミカサ(黙ってうなずく)

「…………」

(さっきは、エレンを思い出すため、生き残ると決めた)
(でもこの戦いに失敗すると、皆が死んでしまう)
(もし誰かが危なくなったら……いっそ私が身代わりに死のう)
(たとえここを生きて出られても、私は、)
(エレンのことを思い出すのは、つらすぎるから……)
(だから、最前線でエレンの仇を取って、後はもう……)

(アルミンの策が図に当たり、無事、巨人を一掃――)

「危なかったなアニ」
「どうも……」
「怪我がなくてよかったぜ」

アニ「ちょっと、ミカサ」
ミカサ「なに?」

ミカサ「ぐっ!?」
ミカサ「いきなり何を……?」

「あんた……今、死ぬつもりだったろう?」
「馬鹿野郎、エレンが生きてたらどう思う?」
「あなたに、何が分かる……?」
「分からない」
「でも、悲しむのは、男どもだけじゃない」(ちょっと赤くなる)
「……アニ」
「そうですよミカサ、私たち、お風呂もいっしょ、ごはんもいっしょ、夜はあなたの自慰の声まで聞いた仲です。今更水臭いです」
「この戦いを生きのこれたら、きっとご馳走が出ます。ミカサが悲しむのを忘れるくらい、いっしょに飲み食いしましょう」
「勿論、ミカサの分は私が半分もらいますけど♪」
「…………」(じわり)
「ありがとう、二人とも」
(これでよかったですね、アニ?)
(ああ、ミカサは貴重な戦力だ。こんなことで潰れてもらったら困るしな)
(とかいって、素直じゃないですね。ソバカスさんの同類じゃ、ライナーが悲しみますよ?)
(この芋女……)
(それは言わないお約束。ま、ミカサって、女が見ても襲いたくなるくらいエキゾチックですもんねぇ)
(うーん、つか、このお話ギャグネタからいつの間にかメロドラマになってますぅ)
(誰に向かってしゃべってるサシャ?)
(あ、そういえば、ミカサと言えば・・)

「ジャン」(ミカサに聞こえないように)
「あなたのツンデレの恋人が死んじゃいましたね」
「なんか言ったか芋女」
「私はキューピッドさんですよ」
「こんなとき、ミカサを慰めてあげる男って素敵だと思いませんか?」
「…………」(サシャを睨み付けて)
「気がすすまねえ」
「それじゃ、いつまでたってもエレンの野郎に勝てねえ、勝ち逃げされるようなもんだ」
「勿論、悲しむミカサを慰めてやりてえ。でもいい加減な言葉じゃ今の傷ついたミカサには侮辱だ」
「だから今は必要ない」
「そうですか・・」
(この朴念仁、みょうなところで奥手だから、訓練生中の童貞なんですよ。童貞のまま氏ぬ脂肪フラグですね(´-`)乙 )

「おい見ろ、巨人から――」
ミカサ「エレ、ン……?」


――トロスト区奪還作戦成功――


ミカサ(無言で抱きしめている)

(涙滔々)

ミカサ(エレン・・)

(もう、離さない・・)

アルミン『今の状況わかるね?」
ミカサ『エレンは人類の脅威になるかもしれない・・だから、この先王政府が生かしておく保証は・・」
アルミン『そう。だから、僕がピクシス司令に掛け合って、一晩君にエレンを”看護”させる』
アルミン『ミカサがんばって・・』

ミカサ(ありがとうアルミン……私、一生忘れない、今夜のこと……)

ミカサ「目が覚めた?」
エレン「……ん、ミカサ」
エレン「……お前、どこに頭突っ込んでる?」
ミカサ「胸」
エレン「いや、そりゃ分かるけど……」
ミカサ「どう、柔らかいよね?」
エレン「そりゃまあ」
ミカサ「私また大きくなった、今、全部見せるね」

(トップレスになる)

ミカサ「どう、エレン。好きにしていいんだよ?」
エレン「好きにって。。」
ミカサ「約束、私、エレンに初めてあげる日をずっと待ってた」
エレン「いやまあ・・」(巨人化とけたばっかで体たりいのに・・拒否ったら殺されかねねーし)
ミカサ「私を、もらってほしい」

エレン(こうなりゃ観念するしかないな・・(´-`) )

ミカサ「んあっ……」
ミカサ「う……くっ……」

ミカサ(すごい・・胸触られてるだけなのに・・)
ミカサ(いつもより、ずっと感じる)
ミカサ(お腹の下がじんじん熱い……その部分を触られたら、死んじゃうかも……)

エレン「どうした?乳首がビンビンだぞミカサ、その上、触れてもないのにもうお漏らし状態だし。お前ひょっとして?」
ミカサ(コクッ)
エレン「マジで!?戦闘に間に合ってよかったな・・」
ミカサ「それだけじゃない。エレンが生きてたから……もう会えないと思ってたから……だから……」
エレン「ミカサ……」

ミカサ「ん……」
ミカサ(エレンのキス、すごく甘い……)

ミカサ「んあっ!?そこは……っ」
ミカサ「……っ!!」
ミカサ「く、くぁ……っ!!」

(ガクンガクン、痙攣)

エレン「おいおい、すげえイキッぷりだな。見てて冷や冷やするくらいだったぞ」
ミカサ(目がトロン、涎たらたら)「…………」
エレン(抱きしめている)「さ、もう服着ろよ」
ミカサ「いやだ、最後まで、して」
エレン「バカお前、こんな時ににしたら・・」
ミカサ「いいの、エレンの子供、欲しいの……」
エレン「・・外だしだぞ」
ミカサ「いや、私の中に、注ぎ込んで欲しい。エレンが私の中にいたって、私の体に刻み付けて」


サシャ「うわ・・ハードな展開になってきましたね・・」
クリスタ「う、なんか私も濡れてきた・・」
サシャ「ソバカスさんに慰めてもらいます?」

エレン「Σそだ、お前そーいやスキン持ってたろ?」
ミカサ(目の前で破く)
エレン「ってコラなにする!!」
ミカサ「いいから中田氏して」
エレン「お前なー、前からヤンデレだと思ってたけど、いい加減ヒクぞ!」

ミカサ「だって……」
ミカサ「エレンは私が守る、そう思ってた」
ミカサ「もし、またエレンが、死んだら……」(泣きだす)

エレン「あー、もうしらねー」
エレン「中には出さないだからな」
ミカサ「じゃ、口に出して。飲みたい」


アニ「どーでもいいが、私たちそろそろ帰ろう。気の毒だろさすがに初Hデバガメじゃーなぁ・・」
サシャ「賭けは私の勝ちですね。晩御飯のおかず」
クリスタ「エレンに女とヤル甲斐性ないと思ったのにね・・」
アニ(食い気と色気しかないうちらが今期のトップテンって、人類マジでオワタかも・・)

エレン(ランプを消す)
ミカサ「ちゃんと入る?」
エレン「ま、大丈夫」
ミカサ「やけに手なれてる。エレン、どこで覚えた?」(ビキビキ)
エレン「お、お前とCまでしてただろ」(アセアセ)

エレン「いくぞ」

ミカサ「ん……」
ミカサ「くぁ……」
ミカサ(入った、エレンのが……)
ミカサ(私、とうとう……)
ミカサ(ずっと、望んでた……幸せ)
エレン「大丈夫、痛くないか?」
ミカサ「うん、大丈夫、嬉しいよ」
エレン「じゃ、動くぞ」
ミカサ「ん、ああ、あん、んああああっ!!」
ミカサ「あ、エレン、エレン!!」
ミカサ「あああああああああ、エレ、ン!!」
エレン「もっと力抜けよ・・」
ミカサ(すごい……熱い、中が全部エレンでいっぱい……)
ミカサ(しがみついている)
ミカサ「エレン、私を、愛してる?」
エレン「ああ、……勿論」
エレン(締まりいいなこいつ……そーいや、東洋人だっけ?だからなのかな)
エレン(やべ、締め付けてくる……!)


ミカサ(ガクンガクン)

エレン「うっ!」
エレン(ひゃ~何とか、こらえたけど、すげえ締め付けだな。ナニが痛い・・ミカサって具合いいのな)
エレン「おい、ミカサ?どうした」
ミカサ「…………」
エレン「気絶してる・・イッっちまったんだな。しめしめ、出さずに終わらせた(´-`) )

エレン「…………」
エレン「この年で、ミカサをシングルマザーなんかにしたくないもんな……」

エレン、運命の審議会へ……

へいしちょ「えっへっへ・・・」
へいしちょ「躾でお困りではありませんかぁ~」


ミカサ(あの野郎!)(よくもエレンを・・・)(殺してやるわ・・・)



エレン「イテテ、へいちょ、手加減しないもんな~」
   「しかも監視付の生活がまだ続くし」
   「ミカサどうしてるかな・・・」

コンコン

エレン「はい・・あ、ハンジさん」
   「どうしたんですか、こんな夜中に?」

ハンジ「ちょっとそこ座って良い?」
エレン(ハンジさん、綺麗だよな。大人の女って感じ……いい匂いだな)
   (でもどうしたんだろ、こんな夜中に。下着だけみたいなかっこで)
   (うーん、乳首透けてるよ……)
ハンジ「エレンくん……女の子の経験とか、ある?」
エレン「はい~っ!?」
   「なんですか、それ??」
ハンジ「上の決定でね。エレンくんの精液、採取して研究したいの。あと、君の性欲処理、私が担当することになった」
エレン「ちょっとそんなむちゃな」
   「って、どこ握ってるんですか!?」
ハンジ「若いよね、もうビンビンになってる」
エレン「あ、咥えちゃ……」
ハンジ「あむ……うむ、ふひょい(ふとい)」
   「しゅごい、エレンきゅん……くぁたいよ?」
エレン「あ、ちょ……」
ハンジ「…………」
   「なに、押しのけんの?」
エレン「申し訳ありませんが、いきなりそんなこと困ります。それに、俺には好きな子がいるんです」
ハンジ「訓練生の、あの黒髪の子?」
エレン「……はい」
   「精……っに関しては、自分で採取して提出しますから」
   「だから、勘弁してもらえませんか?」
ハンジ「何か、勘違いしてるわね」
エレン「うぐっ」
ハンジ「良い?あなたは我々の班の管理化におかれているの。加えて、あなたの命は調査兵団の胸先三寸で決まる。口答えはしないこと。喉このまま掴みつぶすわよ?」
エレン「がは、ごほごほ……っ」
ハンジ「抵抗していいわよ?手足切り落として、犯してあげる。どうせ体は膾切りにしたって再生するんだし。試す?」
エレン「…………」
   (ミカサ、ごめん……)
ハンジ「さ、私のも舐めて」
   「ああ、いいわ。そこもっと……」
   「ふふ、初めてじゃないでしょ?どこで覚えたの?」
エレン「父さん母さんが死んで、金がないから、都の地下街の変態どもと、男も女も、お相手しましたよ。ミカサにだけは隠してたけど」
ハンジ「あら、泣かせる話ね。じゃ、私にもご奉仕しなさい」
   「いいわぁ……」
エレン「うう、あむ……」
ハンジ「そろそろ挿れたいわよね?たっぷり絞ってあげる」
エレン(ミカサ……)
   (待ってろ、いつか、迎えに行くから……)
   (今は、巨人を皆殺しにするまでの辛抱だ)
ハンジ「次はぺトラもつれて来るわね♪」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。