無題:part1 > 768(オールキャラ)【クリスタEND】


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【クリスタEND】

「う……」
 全身が痛い……。
 どこだ……。ここは……。
「くっ……」
 身体が……、動かない。
 そうだ……、俺は確か……、ミサイルの爆発に巻き込まれて……。
 でも……、なんとか、生きてるみたいだな……。いや、もしかしたらこれが「あの世」ってやつかも……。
「そ、そうだ、クリスタちゃんは!!」

ガバッ

 クリスタちゃんのことを考えて、俺は飛び起きた。全身の痛みももう忘れていた。
「って……、なんだこれ? 俺の部屋じゃないか」
 気付けば、そこは日本にある俺の部屋だった。
「なんだ……、全部……、夢だったのか……?」
 俺は落胆して言った。

 いや……。
 そんなはずはない……。
 あの世界の匂い、あの感覚、ミカサの……あの痛み……。あれが夢だったはずは無い。ほら、俺の服を見ろよ。あの時着てた服じゃないか。

「ん……」

 ん? 誰かいるのか?
 声がした方を見ると、俺がいつも使っていたベッドがあった。そして、そのベッドをよく見ると……、誰か眠っている。
 これは……、この髪型は、この後ろ姿は……、このシルエットは……。
「クリスタちゃん!! クリスタちゃんじゃないのか!! クリスタちゃんなんだろ!?」

 俺は思わず歓喜の叫び声を上げた。そして、彼女の体を強く揺さぶる。

「ん……。あ……、ユウジ……」
 彼女はとぼけた声を出しながら、こちらを振り返る。
 やっぱりクリスタちゃんだ!!

「クリスタちゃん!! 良かった!! 良かった……」
 俺はそう言って、嬉し涙を流しながら、クリスタを抱きしめる。
 そんな俺の様子を見て、何かがおかしいと感じたのか、起き上がって周囲の様子を見回すクリスタ。
「あれ……? ユウジ……、ここ……、どこ?」
 俺はクリスタの肩を抱き、顔を涙でぐしゃぐしゃにしながら、彼女の顔をしっかりと見て言った。
「俺の部屋だよ。日本の俺の部屋だ。ここが俺の、俺の元いた世界なんだよ……!」
「……!?」
 クリスタはあまりにも驚きすぎて、現実がしっかりと把握出来ない様子だ。夢だとでも思っているのかも知れない。

ピンポーン

 そこへ、部屋のインターホンが鳴った。ドアの覗き窓から外を見る。……親父だ!

「クリスタちゃん、親父が来たんだ。ちょっと起きてくれ」
 俺はクリスタのところに戻って言った。
「えっ、お父さんが……?」
 クリスタはちょっと驚いて慌てていたが、ベッドから起き上がって、服や髪型を整えた。
 俺はドアを開けて、親父を招き入れる。親父が玄関に入ってきて言う。
「ユウジ、最近調子はどうだ? どうやら、また自衛隊の軍事演習に入り込んで悪さをしたらしいな。宇都宮駐屯地の師団長がカンカンだったぞ」
「はは……、それで、どうしたんだい?」
「俺の息子とは言え、学生ごときに重要な銃火器を奪われるとは何事か! と逆に、喝を入れてやったさ」
「はは、親父らしいや」

「ところで、この可愛い娘さんは誰かな?」
 親父が、クリスタの方を指して言う。
「初めまして。お父様、私は……」
「ああ、この娘はクリスタ。クリスタ・レンズって言うんだ。俺の大事な女性さ」
 俺が話に割り込んだ。
「そうか、可愛らしい娘さんだな。こんな娘さんがお前のお嫁さんになってくれたら、私はとても嬉しいよ」
「ははは……」
 親父にそう言われて、俺とクリスタは照れ笑いを浮かべた。

「それでは、元気そうだから、私はもう行くよ」
 親父はそう言って、部屋から出ようとする。
「ちょ、ちょっと待ってくれ」
「ん?」
 親父は立ち止まって、俺の話に耳を傾ける。
「彼女……、クリスタ・レンズは、国籍が無いんだ。戸籍も……。親父の力で、なんとかならないか……?」
 それを聞いて、親父は呆れた顔をして肩を竦めた。
「なんだそりゃ。お前、人さらいに遭った子でも可哀想だと思って連れて来たんじゃないだろうな。まあいい。お父さんも若い頃はムチャを
やったものだよ。国籍と戸籍のことは私に任せておきなさい」
 そう言って、親父は退室していった。

 さてと……、とりあえずはこれで一安心だ。今まで言わなかったが、俺の親父は防衛省のお偉いさんなんでな。こんなことも出来るんだ。
「それじゃ、クリスタちゃん。俺の世界でも見物しに行くか?」
「うん!」

 そして、三年の月日が経った……。

「ん……、ユウジ……、愛してる……」
「クリスタちゃん……、好きだよ……」
 俺とクリスタちゃんは、自室で交わっていた。
「大好き……」
「うん」
 そして、キスをする。
 目を瞑ると、彼女の良い匂いが漂ってくる。懐かしい匂いだ。彼女と初めて会った時と、同じ匂いだ。
「クリスタちゃん……」
「ん……?」
 俺がそう呼びかけると、彼女は大きなクリクリとした目で俺を見つめる。この目で見つめられると、何度でも胸がキュンとする。
「もう離れない……。ずっと一緒だよ……」
「……うん」
 そう、俺はあれからずっと気になっていた。なぜ、クリスタちゃんだけが、俺と一緒にこの世界に来ることが出来たのか。
 俺はきっと、あの世界で影響力が大きくなりすぎることをしようとした。だから、歴史の修正力が働いて、俺は元の世界に強制的に
戻されたんだ。だけど、クリスタちゃんだけは、俺と一緒に来ることが出来た。これは……、神様でも愛だけは引き裂けないということ
なんだろうか……。だけど……、いつまた神様の気が変わるかもしれない。俺の知らない間に、彼女だけが元の世界に戻されてしまう
かもしれない。
 そんな不安にかられた俺は、クリスタちゃんから一時も離れることが出来なくなっていた。まるで、クリスタ依存症のようになっていた。
 優しいクリスタは、そんな俺を何も言わずに受け止めてくれた。いや、彼女も俺と同じように、不安だったのかも知れない。
「よしよし……」
 そんな俺の気持ちを知ってか知らずか、俺を抱きしめて、よしよしと頭を撫でてくれるクリスタ。もうこんな生活が三年も続いている。
 その間、俺は立派な引きこもりだ。ま、親父の力を借りて、クリスタちゃんを俺と同じ学校の同じクラスに入れたから、かろうじて学校
には行けていたがな。正直、こんなことを親父に頼んだ日にゃ、頭がおかしくなったのかと思われたぜ。
「クリスタちゃん……、しよ……」
「……うん」
 そして、いつものように、行為をするためにクリスタの服を脱がす。彼女も、何も言わずに脱ぐのを手伝ってくれる。
「かわいい……」
 彼女の、かわいらしい裸が露になる。俺が見つめると、クリスタは目を伏せて、頬を赤く染める。

ちゅ

 俺は、彼女の薄桃色の乳首にくちづけをした。
「はぁっ」
 とため息を漏らして、全身を震わせるクリスタ。そのあまりの美しさに、俺は息を飲む。
(やっぱこれ、人間じゃないよな……。天使だよな……)
 俺は、こんなふうに、天使と行為に至っているような錯覚に陥る。この錯覚が、人間離れした彼女の容姿が、俺の不安にまた拍車をかける
のかも知れない。
(実は小悪魔だったりして)
 そんなことを思いながら、彼女の股間に顔を近づけ、クンニをする。
「んっ!」
 電流が流れるような感覚に、悲鳴を上げるクリスタ。しかし、その感覚は間もなく快楽に変わり、悲鳴は喘ぎ声へと変わる。
「あっ……、あん……」
 可愛らしい声を出すクリスタの秘所を、取り憑かれたように舐めまわす俺。その味たるや、天国のような味である。「花のくちづけ」とは、飴では
なくてクリスタの此処に付けられるべき名前であると言えるだろう。
 クリスタの花びらは、本当に綺麗だ。ピンク色で、形も良くて、匂いも素晴らしい。こんな素晴らしいものを独占して好きに出来る俺は本当に幸せ
ものだ。
「ああんっ!」
 俺が一心不乱になって舐めていたら、いつの間にか彼女はビクンビクンッと全身を痙攣させて、エクスタシーに達してしまった。
「ふぅ……ん……」
 かわいい声を出して、ベッドの上で脱力して眠りそうになるクリスタ。この姿を見ると、彼女のことがとても愛おしくなる。とはいえ、彼女がイっても
俺はまだ、イっちゃいない。いくら余韻に浸っていたくても、俺がイクまでそれは許されない。俺は再び彼女にのしかかると、性欲に任せて、彼女の全身
を撫で回す。
「いやっ……、やめて……」
 イった後の、緊張が緩んだ胸や股間を無遠慮に撫で回され、軽い拒絶の反応を示すクリスタ。だが、俺はそんなこと気にしない。何事もなかったかのように
彼女の乳首に吸い付き、股間を弄る。
「んんっ……、もう……」
 そうしているうちに、彼女の身体も回復してきて、さっきよりも更に気持ちよさそうな反応をするようになる。
「クリスタちゃん……。好きだよ。……好き好き」
「ん……」
 クリスタは小さく頷いて、俺に軽く微笑みかける。そして、
「挿れて……」
と懇願してくる。
「うん」
 俺は返事をして、硬く、大きくそそり立った男のそれを、クリスタの陰部にあてがう。
「あっ、待って」
 いきり立つ俺を、彼女は手のひらで静止する。
「ちゃんとゴム付けてね」
「うん……」
 俺は渋々とコンドームを装着すると、こんどこそクリスタちゃんの割れ目に挿入した。
「あん……」
 その瞬間、彼女が痛そうな顔をする。多分、ちょっとは痛いんだろうが、この顔を見るたびに俺は悲しい気持ちになる。
 でも、そんな気持ちは、腰を動かし始めるとすぐ忘れる。それは彼女も同じらしい。
「ああっ、気持ち良い、気持ち良いよっ……!」
 快楽に我を忘れて、嬌声を上げるクリスタ。
「はぁっ……、はぁっ……」
 俺も気持ちよくて、息を切らしながら激しく腰を振る。

「ああん、いい、いいよっ……!」
 普段からは想像もつかないような、乱れた様子で悶えるクリスタ。この姿を見ていると、俺の興奮もさらに高まる。
「クリスタちゃんっ……、俺もう……イキそうだ……っ」
「ああっ、イって! お願い、私の中で、イッて~っ!」
 そんなふうに懇願するクリスタ。俺ももう我慢できなくなって、クリスタの中で発射する。
「はぁっ……」
 男の宿命か、悲しさか、イッた瞬間にテンションが下がり、冷めてしまう。
「ふぅ……」
 しかし、彼女への愛情は決して冷めない。俺は気持ちよさの余韻に浸りながら、呼吸を整えた。そして、クリスタの方に目をやる。
「大丈夫? 痛くなかった?」
 俺が聞くと、彼女は「うん大丈夫。気持ちよかったよ」と答えた。
 そしてしばらく、ベッドの上で二人で抱き合って、愛情を確かめる。
「お風呂入ろ」
 クリスタがそう言って、お風呂を沸かしに行った。俺はよく、彼女と二人でお風呂に入る。

 こんな生活が、もう三年も続いている。こんなことじゃ駄目だとは分かっている。でも……、仕方がないだろう。俺だって不安なんだ。
彼女が俺の知らないうちにどこかに行ってしまわないかって。それに、最近なんだか……、あの世界のことが無性に気になるんだ。俺の知らない
間に、あの世界で、何か大変なことが起こっているような……。これが俺の杞憂だったらいいんだけど……。

 そして、一年後……

 今日は俺とクリスタちゃんの結婚式の日だ。
 俺があまりにもクリスタちゃんのことが好きすぎて、心配した親父が早めに結婚するように薦めたんだ。クリスタちゃんにも俺との結婚を拒む
理由はない。結婚式の準備も本当にスムーズに進んだぜ。
 やっとこの日が来た。俺は張り切って、ウェディングドレス姿のクリスタちゃんとバージンロードを歩き、誓いの言葉を述べた。その直後……。

バリバリバリッ!!

 と地を切り裂くような大きな音がして、教会の上に雷が落ちた。
 場内が騒然とする。それもそのはず、いつの間にかバージンロードに、二人の男女が寝転がっていたのだ。
「あ……、あれは」
 クリスタが驚いて口を開く。俺も倒れている二人を見て、驚いていた。あれは……、あの二人は……。
「エレン! ミカサ!」


おしまい


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。