Skip to: Site menu | Main content


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

人種について

 ルリクアには様々な人種・亜人種・モンスター・動物、果てはアンデッドのような超自然的なモノも存在します。
 ルリクアに君臨する人種の中でも、高度な知能と社会性を有した人種を「六大人種」と言います。
六大人種は、人間・エルフ・ドワーフ・リザードマン・マーマン・バードマンの六種。ルリクア全土に散在し、各地域の共同体や集団に属して生活しています。各人種とざっくりとした特徴は以下のようです。

  • 人間
    • 外見的特徴は、いわゆる私たちとほぼ同じ。どの人種よりも社会的で、どの人種よりも風土に対する適応力がある。そのためルリクア全土に分布し、六大人種の中で圧倒的に人口が多い。

  • エルフ
    • きゃしゃな体型に尖った耳が特徴。鋭い感性を持ち気位が高い。多くは森に村落を作り暮らすが、周辺の人種と交流したり、その国の政治に関与する者もいる。
    • 「大樹海」の奥深くにはエルフだけの大国があると言われている。

  • ドワーフ
    • 低い背にがっしりとした体が特徴。鉱物について造詣が深く、鍛冶や工芸に長けている。その能力を活かして他の人種とともに暮らすことが多いが、鉱山に掘った坑道を利用し、地下にドワーフだけの集落を作って暮らす者もいる。

  • リザードマン
    • 爬虫類の特徴を備えた人種。暑さに強い反面、寒さに弱いため、居住地域は温暖な地域に偏る。他人種に対して敵対意識が強い。
    • 大火山地帯にリザードマンの大国があるけれども、ほぼ鎖国状態。欲求や目的のために、他人種の社会に交わることを厭わない者も少数ながらいる。

  • マーマン
    • 二種類存在する。一見人間の姿だが、背中にヒレ、手足に水かきのある者をマーマン、半人半魚(腰から上が人間で下が魚)の姿の者をマーフォークと分けて呼ぶ。両者とも水中で呼吸が出来るが、マーマンは海辺に住み、人種社会と交わりながら暮らすのに対し、マーフォークは海中に暮らし、陸の人種とは一線を画して生活をする。

  • バードマン
    • 細身の人間の姿で背中に大きな翼があるのが特徴。もちろん飛べる。その多くが山地・森林に集落を作り暮らす。