禁止・制限カード


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

禁止カード
 美幌公認大会等で適用されている制限リスト。

  • 過去の禁止カード



《水鏡》

  A.Mikagami / 水鏡 (青)
  伝説のクリーチャー — プリースト(priestess)
   プロテクション(すべて)
   接死 畏怖 到達 警戒
   水鏡は破壊されない。
   水鏡は打ち消されない。
   水鏡が戦場に出るに際し、対戦相手を一人選ぶ。水鏡が戦場に存在する間、その対戦相手は呪文を唱えることが出来ない。
   (0):水鏡を再生する。
   1/1

  大型エキスパンション月の弔いで登場した凶悪カード。
  (青)で唱えることができるクリーチャー(1/1)である。
  プロテクション(すべて)を持ち、打ち消されず、再生すらマナコスト0で行えるためほぼ無敵である。
  どうしてこのようなクリーチャーが登場したのか誰もが首を傾げる七不思議の一つである。
  「"勝つ"よりも"楽しむ"人ですよ私w」───水鏡彩〇



《艶めき毒林檎》

  Glossy Noxious Apple / 艶めき毒林檎 (2)
  アーティファクト―装備品
   呪禁
   装備しているクリーチャーは+0/-1の修整を受けるとともに畏怖を持つ。
   装備しているクリーチャーが死亡するたび、カードを2枚引く。
   装備(1)

  大型エキスパンション艶めき毒林檎で登場したアーティファクト。エキスパンションの名を冠する。
  美幌大会2008主催のRGorne氏に「ギルド作成されるべきではなかった」とまで言わしめた。
  このカード自体でも強力ながら壊死の感染鬱病/Necrotic Depressionとのコンボはさらに凶悪。
  修整効果は地味ながら呪禁と 壊死の感染鬱病/Necrotic Depressionとのコンボによるドロー能力、
  低マナゆえの手軽さで親和フォマなどのデッキで猛威を振るう。→親和フォマ、トミュウィニー
  Nadare-keyaki氏のブログにてこのカードが入ってないデッキはデッキではないと評される。


《クレッチマー》

  Kretschmer / クレッチマー (緑)
  伝説のクリーチャー — 守護神(Guardian)
   プロテクション(黒) 接死
   クレッチマーがあらゆる領域からいずれかの墓地に置かれる場合、代わりにクレッチマーを公開しそれをオーナーの手札に戻し、カードを2枚引く。
   0/2

  エキスパンション世界の合言葉は森で登場したカード。
  最高クラスの復活能力と攻撃しにくいドロー効果、マナの安さが魅力である。
  フレイバーテキストの「調子に乗るなよダボが! -クレッチマー最後の言葉」は美幌大会で流行したほどの人気である。
  月下地陣~艶めき毒林檎ブロックまでは多くの禁止カードがあったせいか、世界の合言葉は森ブロックでは落ち着いたカードが多い。
  しかしながらやはりこのようなカードも存在する。


《危険なアブネア》

  Danger Abnea / 危険なアブネア
  伝説の土地
   (T):あなたのマナ・プールに(1)を加え、ウィンナーを焼く。

  ナオの子供達ブロックでは珍しい禁止カード。
  リンク→「アブネアはあぶねーや」公式大会ログ