EnvSet


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

環境変数を設定します。

EnvSet("envvariable" [, "value"])

引数

envvariable 環境変数の名称。
value (省略可) 環境変数に設定する値。省略すると環境変数が削除されます。

戻り値

成功時 0 以外
失敗時 0

詳細

この関数で設定した環境変数は、AutoIt 自身および AutoIt が RunRunWait などで
呼び出したプログラム内においてのみ有効です。
AutoIt が終了した時点で、環境変数は消滅します。

関連項目


#include <MsgBoxConstants.au3>

Example()

Func Example()
    EnvSet("MYVAR", "This is some text!")
    
    Local $sEnvVar = EnvGet("MYVAR")

    MsgBox($MB_SYSTEMMODAL, "", "環境変数 %MYVAR% の値: " & @CRLF & @CRLF & $sEnvVar)
EndFunc   ;==>Example