Linux


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • ゾンビプロセスと孤児プロセス
    • ゾンビプロセス: 子プロセスは死に、親プロセスは生きている。子プロセスの情報はプロセステーブルに残っていて、いつ親にwaitされても(終了ステータスを参照されても)いいようになっている。このプロセステーブルに残った子プロセスの情報をゾンビプロセスという。ゾンビプロセスは親プロセスが死ぬまで消えない。
    • 孤児プロセス: 子プロセスは生きていて、親プロセスが死んだ。この状態の子プロセスを孤児プロセスという。孤児プロセスはinitプロセスの養子になる(親プロセスがinitプロセスに切り替わる)。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。