ステップアップ



概要

  • いわゆる「進化」。
  • ステップアップをさせると、ストーリーがそのステップに応じて解放される。ストーリーはカードによって8話あり、最終段階であるステップ8までステップアップさせれば一つのストーリーが完結する。
  • ステップアップは「ステップ3まで」と「ステップ4~8」で方法が違うので注意。

ステップ3までのステップアップ

  • 同じカレ2枚を合成して、より強い1枚に進化させる。(最大4枚使用可能)
  • カレは原則として2回のステップアップが可能。3ステップ目に入った時に、カレのレアリティが1段階上がる。
    • ステップ3へのステップアップは、「ステップ2とステップ1」か「ステップ2とステップ2」。
  • ステップアップした時に、以下の様なステータスの変化が発生する。
    • カレのLvとアピールLvが1に戻る。(著しく弱体化する)
      アピールLvは上げ直しが必要になるので、ステップアップさせるつもりのカレのアピールLvは上げるだけ無駄。ステップ4以降はそういったことはないので、ステップ3になった後に上げるのが良い。
    • 好感度はステップアップさせたいカレと素材カレの値が合算されて引き継がれる。その為好感度はいつ上げても問題ない。
    • 攻魅力/守魅力のベース値は、進展後のカレによって決まっている。(ベース値はカレ一覧の値を参照)
      このベース値に加えて、進化させたいカレと素材カレの攻魅力/守魅力の5%(LvがMAXの場合は10%)が引き継がれて加算される。
      • 引継ぎの計算に使う5%(10%)は、端数切り上げ。

ステップ4~8のステップアップ

  • ステップ3までステップアップさせたカレは、ステップキーを使ってさらにステップアップすることができる。
    • ステップキーはそのカレのステップ1でのレア度に応じたものを使う。
      (例えば、桃越ハル(N)→桃越ハル(N+)→[嫁に来ないか]桃越ハルの場合、Nステップキーを使う)
    • 1ステップごとに20個のステップキーが必要。つまり結果的に一つのカードに100個のステップキーを消費することになる。
  • カレの見た目やレア度はステップ3のまま。
  • ストーリーが解放されること、高感度の上限値が上がることなどがメリットである。
    ステップ8までステップアップさせないと好感度の上限値が最大にならず、そのため好感度をMAXにできない。
    • また、SR以上のカレのみ、ステップ8になるとそのカードのスチルが獲得できる。

注意事項

ステップアップさせられない場合は、ステップアップさせたいカレもしくは素材カレが以下のいずれかの状態である。
  • 【本命カレ】に設定している
  • 【推しメン】に設定している(おススメ推しメン除く)
  • 【アルバイト中】である
  • 【保護】にしてある
それらを全て外すなりすれば(推しメンなら、ステップアップさせたい時だけ外す)ステップアップさせられる。出来ないからと言って不具合と決めつけないこと。

ステップアップ

  • ステップアップ時に使用したカレの枚数、Lvによって最終的なパラメータに違いが発生する。
  • 以下、代表的な育成方法で使用される用語。(数字は使用したカレの枚数を表す)
スト:Lv1同士でステップアップさせること。3スト、4スト
直:ステップ3にステップアップさせる直前(ステップ2+ステップ1か、ステップ2+ステップ2)の時に、LvMAX同士でステップアップさせること。3直、4直
M(MAX):全ての段階のステップアップにおいて、LvMAX同士でステップアップさせること。3M、4M

  • 最終的な強さは概ね以下のような差が発生する。
4M>4直>3M>3直>>>4スト≒3スト
  • 育成にかかるコストは概ね以下のような差が発生する。()はLvをMAXにする必要のあるカレの枚数。
4M(7枚)>>3M(5枚)>>4直(3枚)≒3直(3枚)>>4スト(1枚)≒3スト(1枚)

※ 4Mは育成にかかるコストの割に、4直や3Mとの差が僅かである為、すべてのカレに適用するのはお勧めできない。
思い入れのあるカレは4M、それ以外は4枚揃えば4直、3枚の場合は3Mか3直など使い分けましょう。


コメント

情報等はこちらから投稿ください
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る